asean

【アジア】「強い日本」に期待感も 中国けん制で

1 :春デブリφ ★:2012/12/26(水) 15:33:30.56 ID:???0
 安倍新内閣の発足に関し、東南アジア各国からは、台頭する中国をけん制するため「強い日本」を期待する声が聞かれる一方、日中対立で域内の安定が脅かされることへの懸念も強い。

folder_image

 南シナ海の領有権問題で中国と対立するフィリピンは、日本が中国の対抗勢力として軍事力を強化することを歓迎する立場。インドネシア英字紙ジャカルタ・ポストは最近の社説で「安定・繁栄する日本は、域内の安全保障と力の均衡のために非常に重要だ」と指摘した。

 一方で、第2次大戦中に日本軍に占領された国は日本の軍事力強化に警戒感も根強い。
また、南シナ海問題をめぐり東南アジア諸国連合(ASEAN)内では、中国をこれ以上刺激したくない国々とフィリピンなどとの亀裂が深まっており、「域外国にこれ以上事を荒立てられたくない」と感じている国があるのも事実だ。


ソース:時事ドットコム
記事元:【政治】「強い日本」に期待感も 中国けん制で 東南アジア

続きを読む

【中国】ASEANを懐柔 二正面作戦回避で「尖閣」集中へ

1 :アヘ顔ダブルピース(121204)φ ★:2012/11/19(月) 11:56:40.13 ID:???
 【プノンペン=青木伸行】 東南アジア諸国連合(ASEAN)は18日、カンボジアの首都プノンペンで首脳会議を開き、南シナ海における不測の武力衝突を想定した「ホットライン」の開設と、「行動規範」の早期交渉開始を中国に求めることで一致した。

 だが、中国は南シナ海問題には実質的に手をつけず、経済支援を前面に押し出しASEANを懐柔する方針。その要因として、ASEANとの軋轢(あつれき)を当面は避け、領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島に集中するためだとの見方が浮上している。

asi12111901070001-p1

 首脳会議の決定を受け、議長国カンボジアのフン・セン首相は同日夜、中国の温家宝首相との会談で「行動規範」の早期交渉開始を要請した。ホットライン開設は19日の中国との首脳会議で提案される。

 ホットラインについて、スリンASEAN事務局長らは「誤算、誤解、誤認により衝突が発生した場合に即時に連絡を取り合い、緊張のさらなる高まりを回避する措置だ」としている。
これは2015年末までの共同体創設へ向け、ASEANが取り組む信頼醸成と予防外交の一環で、「中国などの誤った判断による発砲と軍事衝突」(会議交渉筋)への懸念が高まっていることが背景にある。

 こうした不測の事態を回避するための、古くは1972年に米国とソ連が締結したような「公海・上空における事故防止協定」も、中国とASEANの間には存在しない。
協定は艦船が接近した場合の衝突・妨害回避、模擬攻撃の禁止などを定めたものだ。こうした協定に中国が全く関心を示さず、「行動規範」の策定も拒む中で、ホットライン開設案が最低限の方策として浮上した。

 だが、政権移行期の中国との新たな合意は難しい。中国は視点を経済協力にそらし、ASEANへの投資、貿易拡大を「手土産」に懐柔する姿勢だ。
温首相は18日、インドネシア、マレーシア首脳と個別に会談し、習近平新指導部下でも投資などを拡大する意向を伝えた。ASEANとは19日に、経済協力の新たな案件で合意する。

 こうした懐柔策は従来の手法ではある。しかし、ASEAN筋は新たな要因として、「中国は南シナ海と尖閣諸島という二正面作戦を強いられている。南シナ海方面ではASEANを懐柔し、フィリピンなどを刺激せず事態を落ち着かせ、日本に集中することを狙っている」と指摘する。


画像:18日、プノンペンで写真撮影のためポーズをとるASEAN首脳ら(AP)
ソース:産経ニュース
記事元:【国際】中国、ASEANを懐柔 二正面作戦回避で「尖閣」集中へ

続きを読む

【ASEAN】中国との間で法的拘束力あるルールづくりを

1 :壊龍φ ★:2012/11/18(日) 20:52:56.53 ID:???
 ASEAN=東南アジア諸国連合の首脳会議がカンボジアで開かれ、加盟国の一部と中国が対立する南シナ海の島々の領有権問題を平和的に解決するため、中国との間で法的な拘束力のあるルールづくりを早期に進めるべきという認識で一致しました。

12題

 ASEAN10か国の首脳による会議が、18日、カンボジアの首都プノンペンで開かれ、フィリピンやベトナムなどが中国と対立する南シナ海の領有権問題について意見が交わされました。会議のあと、ASEANのスリン事務局長は記者団に対し、問題の平和的な解決に向け、中国との間で法的な拘束力のあるルールづくりを早期に進めるべきという認識で一致したことを明らかにしました。

 19日の中国との首脳会議を前に、南シナ海の問題を巡り亀裂が深まったASEANの結束をひとまずアピールした形です。ただ、中国との関係が強い議長国カンボジアのフン・セン首相は、会議の中で、「域外のパートナーとの協力関係にも注意を払うべきだ」と述べ、拘束力を持つルール作りに消極的な中国を念頭に、関係国にも配慮すべきとの考えを示しました。

 プノンペンには、18日、野田総理大臣や中国の温家宝首相などが到着したほか、19日はアメリカのオバマ大統領も現地入りする予定です。

 尖閣諸島や南シナ海を巡り、中国と日本や東南アジアの国々が対立するなか、一連の首脳会議では海洋の安全保障を巡る議論が焦点になるとみられ、各国の駆け引きが予想されます。


ソース:NHK NEWS
記事元:【ASEAN】中国との間で法的拘束力あるルールづくりを早期に進めるべきという認識で一致 ASEANの結束をアピール[11/18]


続きを読む

【ASEAN】「南シナ海」進展なし ASEAN再分裂回避を優先

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2012/11/17(土) 21:16:17.58 ID:???
 東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議が17日、プノンペンで開かれ、焦点の南シナ海での領有権問題に関する「行動規範」の策定をめぐり、進展がないまま終わった。

asean_map

 ASEANは7月の外相会議で、親中国の議長国カンボジアと、中国と緊張関係にあるフィリピンなどが対立し、共同声明を採択できない異常事態を招いた。
17日の会議は南シナ海問題を主要議題とせず、ASEANの再分裂回避を優先させた形だ。

 外相会議後に記者会見したカンボジアのカオ・キムホン外務副大臣は、南シナ海問題に関する議論に関して、「ASEANと中国が行動宣言を実行することを確認した」と述べるにとどめた。さらに、法的拘束力を持つ行動規範の策定のメドについては「時間的な枠組みはない」と明言し、中国とASEANの作業が進んでいないことを認めた。

2012年11月17日20時51分 読売新聞)


ソース:YOMIURI ONLINE
記事元:【国際】「南シナ海」進展なし…ASEAN再分裂回避で

続きを読む

【中国】「2015年までにASEANとの貿易額を5000億ドル以上に拡大」

1 :わいせつ部隊所属φ ★:2012/09/24(月) 17:57:28.97 ID:???0
中国:2015年までにASEANとの貿易額を5000億ドルに拡大

20120719-00000013-xinhua-000-0-view 2012年9月21日、中国広西チワン族自治区南寧市で、2012年の中国―ASEAN自由貿易区フォーラムが開催された。

 中国ASEAN協会秘書処の林康憲副秘書長によると、過去5年間、中国―ASEAN間の貿易総額は、世界的な経済危機に見舞われたにも関わらず、10倍に拡大した。
2011年の中国―ASEAN間の貿易総額は3628億ドルであったが、2015年には5000億ドル以上に引き上げる目標も示している。


画像:新華社
ソース:China Press  (09/24 09:13)
記事元:
【経済】中国「2015年までにASEANとの貿易額を5000億ドル以上に拡大」[12/09/24]

続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ