麻薬組織

【 メキシコ 】 麻薬組織掃討作戦中のヘリが銃撃を受け緊急着陸  ヘリに乗っていた兵士3人が行方不明

1 : 閃光妖術(大阪府)@\(^o^)/:2015/05/02(土) 15:54:06.50 ID:eBRYnvMS0.net
【メキシコ対麻薬組織作戦、軍のヘリが銃撃され兵士3人死亡】

 【AFP=時事】 麻薬組織幹部の拘束を目的に軍と警察が作戦を実施しているメキシコ西部ハリスコ州で1日、作戦参加中の軍のクーガーヘリコプターが銃撃を受けて緊急着陸した。

no title

 国防省によると、ヘリが銃撃されたのは同州の町アウトランの近く。銃を持った男たちを乗せた車が道路にいるのを見つけたヘリがこの男たちから銃撃され、緊急着陸を余儀なくされた。

 この事件で兵士3人が死亡し、兵士10人と連邦警察の警官2人が負傷した。
さらにヘリに乗っていた兵士3人が行方不明になっている。


 当局者らによると、「エル・メンチョ(El Mencho)」ことネメシオ・オセゲラ容疑者が率いる麻薬密売組織「ハリスコ新世代カルテル」は、簡易工房で自前のアサルトライフルを生産したり、世界各地の暴力組織と協力関係を強化したりするほど力をつけてきている。

(以下略)


ソース:産経ニュース・AFP BB NEWS
記事元:【メキシコ】麻薬組織掃討作戦中のヘリが攻撃され緊急着陸 ヘリに乗っていた兵士3人が行方不明


続きを読む

【ブラジル】W杯に懸念 警官殺害急増、麻薬取り締まりに対する組織の報復

1 :ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★:2012/11/14(水) 18:02:16.23 ID:???0
 ブラジル最大都市サンパウロで警官が殺害される事件が急増、今年殺された警官は退職者を含むと90人を超え、昨年に比べ倍のペースだ。
この影響で一般人が被害に遭う犯罪も増加傾向にあり、2014年にサッカー・ワールドカップ(W杯)開幕戦が行われるサンパウロの治安に不安が広がっている。

amr12111416320003-p1

 地元メディアによると、W杯に向けて治安改善を図ろうとサンパウロ州治安当局が麻薬組織への捜査を強化したことに組織側が反発。担当の捜査員らが自宅や路上で相次いで射殺されており、特に10月以降、急激に増えている。

 同州内では今年、約千件の殺人事件が発生。サンパウロやリオデジャネイロなど大都市ではW杯に向け、ここ数年、治安当局が組織掃討作戦を展開し、殺人事件は減少傾向にあった。


画像:13日、ブラジル・サンパウロのスラム街でオートバイに乗っていた人たちの身体検査をする軍警察(AP)
ソース:産経ニュース
記事元:【海外】ブラジル最大の都市、サンパウロで警官殺害急増、W杯に懸念…麻薬組織が報復、担当捜査員らが相次いで射殺される

続きを読む

【ブラジル】装甲車や軍用ヘリを動員、スラム街を一斉摘発 

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/10/15(月) 12:16:38.92 ID:???
 ブラジル・サンパウロ(CNN) ブラジルのリオデジャネイロで14日、警察と軍が戦車などを動員して北部のスラム街2カ所に踏み込み、犯罪撲滅作戦を実行した。

cityscape-brazil-riodejaneiro2

 この日の作戦は警察官と兵士2000人以上が出動し、夜明け前から開始。自動小銃や拳銃、手りゅう弾などを押収し、数十人を逮捕した。死傷者は報告されていない。
警察によると、これに先立つ13日の作戦では、麻薬密売の容疑者5人が死亡していた。

 今回摘発を受けたのは小規模なスラム街だが、ほかのスラム街が警察に制圧された後、組織犯罪や麻薬取引の中心地となっていた。

 リオデジャネイロは2014年のサッカー・ワールドカップ(W杯)と16年のオリンピック開催を控え、組織の温床となっている約40カ所のスラム街の治安改善を目指す。
市内に約1000カ所あるスラムには、同市の人口のほぼ5分の1が住んでいる。

 犯罪撲滅作戦は2008年に始まり、これまでに約30のスラム街が摘発を受けてきた。10年には銃撃戦で30人以上の死者が出たが、警察はこうした事態の再発を避けるため、現在では数日前に作戦の実行を予告している。


ソース:CNN
記事元:【ブラジル】戦車も動員しスラム街を一斉摘発 W杯と五輪控え[12/10/15]

続きを読む

【メキシコ】麻薬組織に16歳の殺し屋「エル・ニーニョ」 50人殺害関与の疑い

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2012/09/14(金) 15:23:43.90 ID:???0
636264841 メ キシコの検察当局は13日、同国西部シナ ロア州で16歳の少年が麻薬組織の下で 「殺し屋」として働いていた疑いがあると して、取り調べを行っていると発表した。
少年は少なくとも50人の殺害に関与した とみられている。

 同州検察当局の報道官は、少年が犯罪組 織「マサトレコス」の一員だと発表。「マ サトレコス」は麻薬組織「ベルトラン・レ イバ」の関連組織。

 当局によると、「エル・ニーニョ(男の子)」などのニックネームを持つ少年は、銃と麻薬を所持していたとして逮捕された後、シナロア州で多くの暗殺を行ったと供述した。
犠牲者には警察官やミュージシャンが含まれるという。

*+*+ Reuters +*+* :http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE88D03C20120914

記事元16歳の殺し屋「エル・ニーニョ」を取り調べ…50人以上の殺害に関与か=メキシコ
     :【国際】メキシコ麻薬組織に16歳の「殺し屋」か…50人殺害関与の疑い
続きを読む

【メキシコ】新聞社が麻薬戦争の取材打ち切り グレネードランチャーが撃ち込まれるなどの襲撃を受け

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2012/07/12(木) 12:38:31.82 ID:???
r[メキシコ市 11日 ロイター] 麻薬をめぐる抗争が続くメキシコで、取材にあたるジャーナリストが命の危険にさらされる中、同国ヌエボラレド市の新聞社は11日、麻薬戦争に関連する取材を打ち切ると明らかにした。
新聞社が一切の取材を打ち切るのはまれ。

日刊紙を発行する「El Manana」は11日の社説の中で、
「ジャーナリズムを自由に発揮できない状況から、このような残念な決断に至った」
と取材打ち切りの経緯を説明。車に仕掛けられた爆弾や、首を切断される殺人事件を取材するのは危険すぎるとした。
「El Manana」は10日、社屋にグレネードランチャーが撃ち込まれるなどの襲撃を受けた。けが人はいなかったものの、同社は5月にも同様の攻撃を受けていた。

麻薬組織は、好ましくない取材をしたジャーナリストを殺害する場合もある。
メキシコの人権委員会によると、同国では2000年以降、80人以上のジャーナリストが殺害されているという。


写真: 7月11日、メキシコのヌエボラレド市の新聞社は、麻薬戦争に関連する取材を打ち切ると明らかにした。モンテレイ郊外で昨年9月撮影。資料写真(2012年 ロイター)

ソースは
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE86B02420120712

記事元: 【メキシコ】ヌエボラレド市の新聞社が麻薬戦争の取材打ち切り 社屋に2度の攻撃


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ