欧州情勢

【 ドイツ 】 ミュンヘンで銃乱射 容疑者自殺、死者9人に 【 動画 】

1 :のっぺらー ★:2016/07/23(土) 10:04:31.71 ID:CAP_USER9.net
【独ミュンヘンの乱射、容疑者は1人で自殺と警察 死者9人に】

 ドイツ南部ミュンヘンのショッピングモールなどで何者かが銃を乱射し、これまでに9人が殺害され、21人が負傷した事件で、警察当局は23日、容疑者は1人で自殺したとみられると発表した。

600

 ミュンヘンの警察当局はマイクロブログのツイッターに、「自殺した男を発見した。乱射事件の唯一の容疑者だとみられる」と投稿した。

 これに先立ち警察は、ショッピングモールから約1キロ離れた場所で容疑者とみられる男の遺体が発見されたと発表。
遺体と一緒に見つかったリュックサックを爆発物処理班が調べていると、独DPA通信が伝えていた。

 事件は22日午後6時(日本時間23日午前1時)ごろ起きた。
ミュンヘン市内のマクドナルド店内で男が銃を乱射し、その後、街頭でも銃撃を続けながらオリンピア・ショッピングセンターに移動。
警察では当初、少なくとも3人の容疑者が逃走中とみて市内に特殊部隊を展開し、行方を追っていた。


ソース:AFP BB NEWS
記事元:【国際】独ミュンヘンの乱射、容疑者は1人で自殺と警察 死者9人に
続きを読む

【 フランス 】 非常事態宣言 今月末に解除・・・かと思いきやトラックが突っこむテロ 73人死亡

1 :かぜのこ ★:2016/07/15(金) 00:10:22.41 ID:CAP_USER9.net
【仏の非常事態宣言 今月末に解除へ】

 フランスのオランド大統領は、去年11月の同時テロ事件のあと全土に出されている非常事態宣言について、今月末で解除する考えを明らかにしました。
一方でテロの脅威は続いているとして今後も国内での警備などを続けていく考えを強調しました。


edi

 フランスでは130人が犠牲となった去年11月の同時テロ事件のあと、テロ対策を強化するため全土に非常事態宣言が出され、一部の国民から反対の声も上がるなか、3度延長され、期限は今月26日までとなっています。

 こうしたなかでオランド大統領は14日、地元メディアのインタビューに応じ、非常事態宣言について、「例外措置でありいつまでも続けるわけにはいかない」と述べたうえで、期限のさらなる延長はせず、今月末で解除する考えを明らかにしました。

 その理由について、オランド大統領は、テロを未然に防ぐ捜査を迅速に行うため、夜間の家宅捜索などの条件を緩和した刑事訴訟法の改正などが議会で承認されたことを挙げています。

 一方でオランド大統領は、テロの脅威は依然続いていると強調し、国内での警備を続けるのに加えて、過激派組織IS=イスラミックステートとの戦いを強化するためとしてイラクに軍事顧問を派遣することも明らかにしました。


ソース:NHK NEWS WEB (動画有り)
記事元:【国際】フランスの非常事態宣言、今月末に解除へ 去年11月の同時テロで130人が犠牲
続きを読む

【 ポーランド 】 ロシアの脅威に対抗して軍の要因を5万人増員 現在の1.5倍に

1 :qQDmM1OH5Q46:2016/06/04(土)21:25:36 ID:???
【ポーランド軍、ロシアの脅威に対抗 5万人増員へ 】

 ポーランドのマチェレウィチ国防相は3日、来年から軍の要員を現在の約10万人から約15万人に増員する考えを示した。ドイツのメディアが伝えた。
ロシアの脅威に対抗するのが狙いとみられる。

14

 マチェレウィチ氏は、増員する約5万人のうち約3万5千人は、9月に新設する民兵組織の要員だと明らかにした。

 ポーランドは、北大西洋条約機構(NATO)加盟国で対ロ最強硬派とされる。7月には首都ワルシャワでNATO首脳会議が開かれる。


ソース:産経ニュース
記事元:【軍事】ポーランド軍、ロシアの脅威に対抗 5万人増員へ [H28/6/4]
続きを読む

【フランス】 警官の乗ったパトカー炎上、「これは戦争です!」  ”労働法改定”で燃えるパリ

1 :qQDmM1OH5Q46:2016/05/30(月)11:16:03 ID:???
【デモ隊襲撃でパトカー炎上、パリはもはや戦争状態だ
 「労働改定法案」を巡る対立がますます過激に (山口 昌子)】

 フランスの「労働改定法案」(従業員に極めて有利に定められている現行の労働法を改定しようという法案)
への反対運動は過激さを増し、製油所や原子力発電所でのスト決行や、デモ隊によるパトカー襲撃などまで発生している。


(前回の記事)「パリは騒然、フランスの労働者が労働法改正に激怒

 十数カ所の製油所がストを決行し、最大の石油輸入港である仏北部ルアール港の荷揚げ組合もストに突入。
その結果、ガソリンスタンドがガソリン不足に陥り、パリを中心に休業中のスタンドが約3500店に上った。

(略)

 パリ郊外ノージャン・シュール・セーヌの原発では、従業員組合が5月25日にスト突入を決議。首都圏の電力不足が危惧されている。

 また、パリでも他の大都市でも、食料品をはじめとする物資の不足が目立つ。大型トラック組合の一部が、改定法案に盛り込まれている「時間外手当の大幅カット」に反対してストに突入したからだ。


◆炎上するパトカーから危機一髪で脱出

 デモ隊はパトカーも襲撃し、炎上したパトカーから男女の警官が危機一髪で脱出。そのシーンを現場から中継したテレビ記者は「これは戦争です!」と思わず口走った。


 5月18日、パリの共和国広場で極左グループや学生らが警官隊の「過剰」なデモ警備に抗議して「反警官デモ」を繰り広げた。

 そのスローガンがすさまじい。「みんなが警官を憎悪している」「フリック野郎(警官の俗称)、ブタ、殺人者」「ペタン(ナチ占領下の対独政府の首相、フィリップ・ペタン)の再来」など。

 警官隊が催涙弾で応酬すると、周辺の通りに四散したデモ隊の十数人が、ちょうど通りがかったパトカーを襲撃。ガラス窓を金属棒でたたき割ると同時に、車の下や車内に火炎瓶を投げ込んだ。
車内にいた男女の警官2人のうち男性警官が出てきて、金属棒で殴りかかるデモ隊の1人と対峙。警官は素手で応戦し、その間に女性警官は炎上し始めたパトカーから脱出した。

 男は駆けつけた警官らに取り押さえられたが、パトカーは全焼した。もし、警官2人が車内に閉じ込められていたら、焼死していたか重度の火傷を負ったのは間違いない。
パトカーを襲撃した18歳から32歳までの極左グループ4人は「意図的殺人行為」で逮捕された。

 「労働改定法」への反対デモには、毎回100人前後の「カシャー(破壊屋)」と呼ばれる破壊専門の暴力グループが参加し、店舗のショーウインドーやレジの破壊などを繰り返し、市民からも顰蹙を買っている。

 デモ隊に負傷者が出る一方、警官隊にも100人を超える負傷者が出ている。
仏中西部ナントでは部隊から離れて1人でいたところを襲撃されて重体に陥った警官もいる。警官を襲ったのは18歳の高校生だ。倒れた警官の頭部を狙って執拗に殴る蹴るの暴力を加えたという。


◆撤回したらヴァルス首相の辞任は必至

(以下略)


ソース:JB PRESS
記事元:【フランス】デモ隊襲撃でパトカー炎上、パリはもはや戦争状態だ [H28/5/30]
続きを読む

【 欧州 】 ギリシャが債務危機の恐れ  融資条件の構造改革、進んでなかった

1 :紅あずま ★:2016/04/28(木) 08:50:10.74 ID:CAP_USER*.net
【ギリシャ債務危機、再燃の恐れ…支援融資停滞で】

【ローマ=青木佐知子】 ギリシャ支援を巡る情勢が、再び混迷している。
欧州連合(EU)が条件として課した構造改革が進んでおらず、現在の支援の枠組みを使った融資が滞っている。

このままでは、7月に多額の債務返済を控えるギリシャで債務危機が再燃する恐れが出てきた。

016

 ギリシャ議会では26日、年金カットや付加価値税の引き上げを盛り込んだ関連法案が委員会で承認された。5月5日から本会議で審議が始まる。
当初、法制化は昨秋に終わり、昨年8月の130億ユーロ(約1兆6400億円)に続く大規模融資が実行されるはずだった。
しかし、ギリシャでは年金制度改革に反発するストが相次いだうえ、政府は難民対策に追われたため、延び延びになっていた。

 チプラス首相の支持率は、EUとの対決姿勢を鮮明にしていた昨夏、約60%の高さだったが、今年4月中旬の各種調査では20%前後まで落ち込んでいる。

 連立与党の議会(定数300議席)での議席数は、過半数をわずかに上回る153議席で、法案成立に向けたぎりぎりの議会運営が続く。


ソース:YOMIURI ONLINE
記事元:【国際】ギリシャ債務危機、再燃の恐れ…支援融資停滞で
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ