対中

【 米・中 】 アメリカの「対中協調派」の中心的人物が告白 「自分の対中認識は間違っていた」「米国政府史上最大のインテリジェンスの失敗である」

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/06/12(金) 13:55:34.10 ID:???
【米の中国分析のベテランが告白 「自分の対中認識は間違っていた」】

 米ハドソン研究所中国戦略センターのピルズベリー所長が、今年2月発刊の著書“The Hundred-Year Marathon ? China’s Secret Strategy to Replace America as the Global Superpower”において、中国は、2049年までに米国に代わって世界の支配国になることを目指している、と述べています。

g44

 すなわち、米国は、中国を支援し続けていけば、中国が民主的で平和な国家になり、地域や世界を支配しようなどと考えないだろうと想定していたが、完全な誤りであった。

 我々は、中国内の強硬派の力を過小評価していた。
強硬派は、中国建国100年の2049年までに経済、軍事、政治のすべての面で世界のリーダーになるとの計画(100年のマラソン)を有し、毛沢東に始まる歴代の政治指導者に助言することで、建国当初からそれを実施に移していたのだ。

 強硬派は、300年前の中国、すなわち世界のGDPの3分の1を占める中国を復活させたいのだ。
中国の強硬派は、天安門事件以降特に力を強めた。

 2012年以降、中国人は、「中国主導の世界秩序」をおおっぴらに議論し、「中華民族の再興」とともに同秩序が訪れると信じている。

 最近になって、中国人は、私及び米国政府を最初(1969年)から騙していたと実際に語った。これは、米国政府史上最大のインテリジェンスの失敗である。

(略)

 このような意図を有していたにもかかわらず、中国は、欺瞞、宣伝、スパイ等を用いて、中国が後進国で、軍事的に不活発で、弱い支援対象国であるとの誤ったイメージを西側諸国の関係者に与え続けた。

 中国はまた、西側諸国内の中国専門家をモニターし、様々な手段で操作してきた。

 中国は、「暗殺者の棍棒」と言われる非対照戦力をもって米国の通常戦力を破る作戦を考えている。
実際に、この非対照戦力は有効であり、ペンタゴンの戦争シミュレーションで米軍が初めて敗れたのはこの中国の非対照戦力に対してだった。

 中国は、高い関税を課して重商主義的政策をとり、国営企業に補助金を与え、天然資源を直接コントロールしようとしている。
中国の国営企業は今でも国内GDPの4割を占め、市場に反応するのではなく、中国共産党の指示に従っている。

(略)

出典:Michael Pillsbury, The Hundred-Year Marathon ? China’s Secret Strategy to Replace America as the Global Superpower(Henry Holt and Company, 2015)

* * *

(略)

 まず、著者のピルズベリーですが、1969年から、CIA、国防総省、米上院特別委員会等に勤務し、対中政策の基盤となる中国の対米認識分析や米国の対中政策選択肢提示を地道に続けてきた人物です。

 2006年頃までは、米国の対中関与政策を支持する「対中協調派」の中心的人物でした。


 本書の中でも明らかにしていますが、ピルズベリーは、ほとんどの対中国インテリジェンスや米国内の対中国政策をめぐる秘密文書にアクセスしてきています。

 本書の内容、主張は、ピルズベリーが直接入手した関係者からの証言や、これまでアクセスした文書に基づいており、その信憑性は高いと思われます。

 ピルズベリーのような中国分析の大ベテランが、「自分の対中認識は間違っていた。中国に騙されていた」と本書で告白したわけですから、本書がワシントンの中国政策に関わる政府関係者や専門家に与えた衝撃は大きかったようです。

 本書の影響はすでに現れているようであり、例えば、本年3月には、米国のシンクタンクである外交問題評議会(CFR)が『中国に対する大戦略の変更(Revising U.S. Grand Strategy Toward China)」という小冊子を発表しています。

(以下略)


ソース:WEDGE Infinity
記事元:【国際】米の中国分析のベテランが告白 「自分の対中認識は間違っていた」 -岡崎研究所 [06/12]


続きを読む

【 蒙・中 】 モンゴルで登山中の中国人が取り囲まれ土下座強要される

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/04/17(金) 00:50:50.57 ID:???
【モンゴルで登山中の中国人、取り囲まれ土下座強要される=急増する中国人客への不満が背景―仏メディア】

(略)

91

 新華社通信によると、土下座事件が起きたのはチンギス・ハーンが生まれたと伝えられるヘンティー山脈。
中国内モンゴル自治区から訪れた旅行者グループ5人が登山していたところ、うち一人が突然モンゴル人に「中国人がいる」と指さされ、7~8人の男たちに取り囲まれ、雪の上に押し倒され、土下座させられたという。

 一緒にいた仲間が仲裁に入り、事態は収まったという。
モンゴル人らは貧困層や失業者からなる組織のメンバーを名乗っていた。

 その後、土下座する様子を映した写真がインターネット上に拡大。中国人の間から批判が噴出し、ウランバートル市長が謝罪する事態に発展した。

 専門家によると、モンゴルでは最近中国からの留学、投資、旅行目的などでの訪問者が急増。「地元の文化を尊重しない」、「就業機会が失われる」と不満が高まっているという。


ソース:レコードチャイナ
記事元:【国際】モンゴルで登山中の中国人、取り囲まれ土下座強要される=急増する中国人客への不満が背景―仏メディア


続きを読む

【 印・仏 】 インドがラファール36機購入でフランスと合意  台頭する中国に対抗

1 :しぐれ◆MIZZLE9itk:2015/04/12(日)08:54:52 ID:6Yx(主)
【台頭する中国に対抗 インドが空軍力強化 仏36戦闘機購入へ】

 インドのモディ首相は10日、パリでフランスのオランド大統領と会談し、同国のラファール戦闘機36機を購入したい意向を伝えた。

 インド紙ヒンドゥスタン・タイムズは11日、契約額は約40億ユーロ(約5100億円)とみられるとし、インド側が「飛べる状態」での早急な納入を求めたと伝えた。

le

 両国は2012年にインドでの現地生産分を含め、同戦闘機126機の購入で合意したが、その後の最終契約が難航していた。

 インドは、台頭する中国や対立するパキスタンをにらみ、36機を先に購入することで空軍の近代化を進めたい考え。

(以下略)


ソース:産経ニュース
記事元:【インド軍事】台頭する中国に対抗 インドが空軍力強化 仏36戦闘機購入へ[04/11]


続きを読む

【 インド 】 モディ首相、対中国でインド洋諸国歴訪  「ダイヤのネックレス」で反撃

1 :しぐれ◆MIZZLE9itk:2015/03/15(日)17:36:25 ID:W1b(主)
【「ダイヤのネックレス」で反撃=対中国でインド洋諸国歴訪-印首相】

 【ニューデリー時事】 インドのモディ首相が中国包囲網「ダイヤのネックレス」の強化に乗り出した。

 10~14日には、インド洋の島国セーシェルとモーリシャス、スリランカを歴訪。安全保障協力を強めることで一致し、軍事的海洋進出を図る中国に対して反撃ののろしを上げた。

ena

 「インド・スリランカ関係の黄金時代を築こう」。国際会議出席を除き、28年ぶりとなったインド首相のスリランカ訪問で、モディ首相はこう訴えた。

 中東とアジアをつなぐ海上交通路の確保を狙う中国は、パキスタンやバングラデシュ、スリランカなどに莫大な資金を投じ、港湾開発を進めてきた。

 これらの港はインドを包囲するように位置することから「真珠の首飾り」と呼ばれ、インドは中国による軍事転用に神経をとがらせていた。

 だが、1月のスリランカ大統領選を機に、潮目が変わった。
中国依存を深めていたラジャパクサ政権が倒れ、インドや中国、日本とのバランス外交を提唱するシリセナ政権が誕生。同政権は中国による港湾都市建設を一時中断し、事業を見直す方針を打ち出した。


(以下略)


関連:2015/2/4 【 スリランカ 】 中国巨額投資に揺れるスリランカ  新大統領、「汚職の温床となっている」として中国との全ての計画の再検討
2015/3/2 【 スリランカ 】 新大統領が中国潜水艦の寄港を禁止 「中国との多くの協定を破棄する」  日本に謝罪も
   :2015/3/8 【 日・スリランカ 】 政府、スリランカに700億円の円借款供与表明


ソース:時事ドットコム
記事元:【インド】「ダイヤのネックレス」で反撃=対中国でインド洋諸国歴訪-印首相[03/15]


続きを読む

【 スリランカ 】 新大統領が中国潜水艦の寄港を禁止 「中国との多くの協定を破棄する」  日本に謝罪も

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/03/02(月) 13:21:58.32 ID:???
【スリランカ新大統領が、中国潜水艦の寄港を禁止】

 スリランカのマイトリーパーラ・シリセーナ新大統領が、同国海域における中国の潜水艦の寄港を禁じました。
イルナー通信によりますと、シリセーナ大統領は選挙運動において、「当選後は、わが国の海域への中国の潜水艦の入域を禁じるだろう」と宣言していました。

79
マイトリーパーラ・シリセーナ大統領

 また、「スリランカと中国の間の協定の多くは破棄され、スリランカに対する中国の勢力拡大を阻止する」と語っています。

 昨年、日本の安倍総理大臣のスリランカ訪問と同時に、中国の2隻の潜水艦がスリランカに寄港したことにより、スリランカ政府は日本に謝罪しました。

 シリセーナ大統領は、3期目の当選を狙っていたラジャパクサ前大統領との激烈な競争の末、51.28%の得票率でスリランカ大統領に当選しました。

 ラジャパクサ前大統領は、中国と密接な関係を持っており、中国の習近平国家主席はスリランカ訪問で、同国との24の協定に調印しています。

ソース:イランラジオ


【スリランカ外相、中国潜水艦「将来寄港せず」 安倍首相訪問と重なった過去も】

(略)

 潜水艦は、ラジャパクサ前政権下で2度にわたってコロンボに寄港し、一度は安倍晋三首相のスリランカ訪問と重なった。

 外相は、「どういう状況で、この日に潜水艦が来たのかわからないが、われわれの政権下でこれらのような事態が起こらないことを、いかなる角度からも保証する」と述べた。
(ニューデリー 岩田智雄)

ソース:産経ニュース



記事元:【国際】スリランカ新大統領が、中国潜水艦の寄港を禁止 安倍首相の訪問中に中国潜水艦が寄港した事を謝罪


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ