原発

【 原発 】 中国の原発、素人同然の技術者たちが異常なスピードで建設中

1 :6564億円◆o8vqQW81IE:2016/03/03(木)08:33:07 ID:4cI(主)
【中国の原発がヤバいことになっている〜素人同然の技術者たちが、異常なスピードで建設中】


◆「原発白書」はウソだらけ

 すでに稼働しているはずの海陽原発(山東省)と三門原発(浙江省)が、何の発表もなく稼働が延びています。
特殊な再循環ポンプに技術的な支障が生じたという話も伝わってきていますが、とにかく中国は情報を徹底して隠す。
多少の放射能漏れや汚染水の流出などの事故があっても一切公開しないので、恐ろしいのです」

こう語るのは、長年にわたって原発取材をしてきたジャーナリストの団藤保晴氏だ。

(略)

 「中国経済の失速をカバーすべく、習近平政権が打ち出したのが、国内外での原発と高速鉄道の量産計画でした。

 習近平政権の外交スローガンである『一帯一路』は、中央アジア→ヨーロッパ、南シナ海→インド洋と、陸と海に中国がインフラ輸出していくという政策ですが、そのメインも原発と高速鉄道の輸出なのです。なぜならこの二つが一番儲かり、中国の経済発展に寄与するからです。

 ただ問題は、このところの中国経済の凋落が著しいため、それを補うべく、あまりに急ピッチに建設を進めていること。
'11年7月に浙江省で、死者100人を超す高速鉄道事故が発生しましたが、次は重大な原発事故が起こるのではと、心ある原発関係者たちはヒヤヒヤしています」

101


◆素人同然の技術者

 原発と新幹線をインフラ輸出の目玉にしようとしているところは、安倍政権と同様だ。だが日中間の技術には、大きな差がある。
中国の原発に赴き、現地指導を行った経験がある元東芝原子力プラント設計技術者の後藤政志氏が指摘する。

「日本の原発は、ゼネラル・エレクトリックとウエスチングハウスから技術を採り入れ、そこから一貫して学んで来ましたが、それでも福島原発の事故が起きてしまった。

それに対して中国の原発は、世界の最新技術を採り入れようとして、複数の先進国の技術をごちゃまぜにしているところが問題です。


原発というのは、一貫した設計技術のもとに作られるものなので、中国のように部分ごとにこっちの技術、あっちの技術とつぎはぎにするのは、危険極まりないことなのです」

 後藤氏は、中国の未熟な技術者のレベルにも呆れたという。
「中国の原発に、格納容器関連の部品を納入した時のこと。私が一通り部品の説明をしたのですが、中国の技術者たちはポカンとしていた。
格納容器の部品というのは、一歩間違えれば大事故につながるので、日本では一人ひとりの技術者が真剣勝負です。それなのに中国の技術者たちはまるで無関心だったので、彼らは本当に技術者なのかと疑ったほどでした」

(以下略)


ソース:現代ビジネス
記事元:【国際】中国の原発がヤバいことになっている〜素人同然の技術者たちが、異常なスピードで建設中 〜いつ爆発が起きてもおかしくない [H28/3/3]

続きを読む

【ドイツ】 脱原発のために前世紀の燃料採掘 光発電施設立ち退きも

1 :FinalFinanceφ ★:2014/06/17(火) 13:21:34.28 0.net
【ドイツ:脱原発…前世紀の燃料採掘で光発電施設立ち退きも】

 「脱原発」を決めたドイツで、原子力分の穴埋め用エネルギー源として地球温暖化の一因とされる二酸化炭素(CO2)を排出する石炭や褐炭(水分や不純物が多く低品質の石炭)への依存が進んでいる。

 急速な再生エネへの転換は難しく、当面は旧来のエネルギー源に頼らざるを得ないためで、褐炭の採掘場拡張のため住人が立ち退きを迫られるなど矛盾も表面化している。

h

 「パラドックス(逆説)だ。私たちは再生エネを成功させようと努力してきたのに、結局、褐炭という過去の資源の犠牲になってしまう」。
東部ブランデンブルク州ウェルツォウで、太陽光発電会社を経営するハーゲン・レッシュさん(35)は憤りを隠さない。
地元住民約5000人に太陽光による電力を供給してきたレッシュさんが所有する発電施設は、褐炭採掘のため立ち退きを迫られるからだ。

(中略)

 再生エネは現在、約24%にとどまっており、メルケル政権は石炭・褐炭を「当面は不可欠」(与党の連立協定書)と位置付けている。

 政府は2022年までの全原発停止と、50年までに再生エネルギー割合80%達成を掲げる。
13年現在の総発電量に占めるエネルギー別の発電割合は
▽石炭・褐炭45.2%
▽再生可能エネルギー(風力、太陽光など)23.9%
▽原子力15.4%。

 福島第1原発事故後、原子力の割合が約2%減る。
再生エネは固定価格買い取り制度もあり4%近い伸びを示す。一方で買い取り費用の上乗せで電気代高騰が課題になっている。


ソース:毎日jp
記事元:「脱原発」進めたドイツで案の定エネルギー不足が深刻化、電気代は高騰・・褐炭の採掘場拡張のために住民を追い出す事態に


続きを読む

【フランス】 原発にまたグリーンピースの活動家が侵入

1 :仮眠しても寝不足φ ★:2013/07/15(月) 20:08:44.40 ID:???0
1 :第四拾代 おまコン(130806)φ ★:2013/07/15(月) 19:31:33.07 ID:???
【仏原発にグリーンピース活動家侵入、警察が拘束】

 【パリ=三井美奈】 仏南東部ドローム県のトリカスタン原発に15日、環境団体グリーンピースの活動家約20人が侵入し、同原発の閉鎖を求める垂れ幕を掲げ、警察に身柄を拘束された。

 仏原子力安全局(ASN)は、「侵入は、原子炉のある建物には至らなかった。原発の安全性に影響はない」と発表した。
侵入したのは仏やイタリア、スペイン人らのグループで警察の事情聴取に応じたという。

 同原発は1980年に稼働を開始。オランド政権は2025年までに、電力の原子力依存度を現在の75%から50%に下げる目標を掲げており、グリーンピースは稼働30年を超える原発の閉鎖を求めている。

20130308040406


関連:2011/12/6 まんまと「侵入」を許した原発のお粗末 (News week)
> 12月5日、フランスでは原子力行政関係者が2ヵ所の原子力発電所を抜き打ちで視察に訪れることになっていた。だが、国内の別の原子力発電所を襲ったのは、それ以上のサプライズだった。環境保護団体グリーンピースの活動家らが、警備の目を盗んで敷地内に侵入し、原子炉の近くにまで到達したのだ。

> それでも、グリーンピースの奇襲作戦のインパクトは抜群だったようだ。エリック・ベッソン産業担当相は「このような事態が二度と起きないよう手立てを講じる」必要があると発言。産業担当省も、原子力業界に徹底的な調査を求めると語っている。


関連:2012/10/11 【スウェーデン】原発に活動家侵入、発見されず38時間潜伏 (当サイト)
> 国際環境保護団体グリーンピースは10日、スウェーデンの原子力発電所の施設内に今週、同団体のメンバーが侵入し、うち2人が誰にも見つからないまま38時間にわたって潜伏を続けていたことを明らかにした。


関連:2012/8/3 【アメリカ】核兵器用ウラン施設に活動家が侵入 82歳の修道女も (当サイト)

ソース:YOMIURI ONLINE
記事元:【仏】原発にグリーンピース活動家約10人が侵入、警察が拘束 仏原子力安全局、「安全性に影響はない」
    :【国際】仏原発にグリーンピース活動家侵入、警察が拘束


続きを読む

【パキスタン】 中国に原子力協力を要請 核拡散防止条約に未加盟、国際社会からの反発が予想される

1 :壊龍φ ★:2013/05/24(金) 06:33:02.29 ID:???
【中国に原子力協力を要請=次期首相確実のシャリフ氏-パキスタン】

 【ニューデリー時事】 11日のパキスタン国民議会(下院)選挙で大勝し、3度目の首相就任が確実視されるイスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)のシャリフ氏は23日、同国を訪問中の中国の李克強首相と会談し、民生用原子力技術の移転を求めた。

s
シャリフ氏

 地元メディアによると、シャリフ氏は中国が過去にパキスタンの原子力プロジェクトに投資していたと指摘。深刻な電力不足を克服するため、原子力発電所の建設など支援の拡大を求めた。

 パキスタンでは1日最大20時間も停電するなど、電力事情が極度に悪化している。
しかし、核兵器を持つ同国は核拡散防止条約(NPT)に未加盟で、原子力技術移転には国際社会からの反発が予想される。

画像:2013/5/13 パキスタン選挙でシャリフ元首相が勝利 (WSJ)より


ソース:時事ドットコム
記事元:【中パ】中国に原子力協力を要請=次期首相確実のシャリフ氏-パキスタン[05/24]


続きを読む

【日印で『中国周辺国の安全保障構想を』 国基研などが報告】 【日印原子力協定:交渉再開 首脳会談で合意へ】

1 :壊龍φ ★:2013/05/21(火) 20:04:34.35 ID:???
【日印で「中国周辺国の安全保障構想を」 国基研などが報告】

 国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)とインドのシンクタンク、ビベカナンダ国際財団は21日、日印関係のさらなる深化に向けた行動計画をまとめた「日印の戦略的パートナーシップと協力の枠組み」を東京とニューデリーで発表した。
過去2年にわたり両団体が行ってきた共同研究の報告書となる。

abe

 安全保障面では、台頭する中国を念頭に、中国を囲む日印や東南アジアなどの「リムランド(大陸周縁部)諸国」が、安全保障上の利益と懸念を共有し協力する「リムランド安全保障構想」の必要性をあげた。
具体的にはインド洋合同海上警察部隊や海上自動航路通報システムの創設などを盛り込んだ。

 産業・技術協力の分野では、防衛産業を含む産業間協力の拡大や、サイバー分野での協力を提唱した。
チベット人やウイグル人、モンゴル人の人権保護についても日印が主導するべきだとした。 (田北真樹子)

画像:2010/9/21 安倍信三 メールマガジン バックナンバーより
 私は今インドに来ています。
インド世界問題評議会(ICWA)と櫻井よしこさんが理事長を務める国家基本問題研究所との合同会議に出席し基調講演をする為です。参加者は
衛藤晟一参議院議員 下村博文衆議院議員 加藤勝信衆議院議員 山谷えり子参議院議員
そして民主党の長尾敬衆議院議員 6名の超党派の国会議員。
国基研からはもちろん櫻井よしこさんも参加しています。

 昨日講演とインド側とのディスカッションを行いましたがお昼はシン首相に公邸でインド料理を御馳走になりました。
閣僚も数名出席する中で、今後の日印関係や中国問題、そして原子力問題等について、かなり率直な意見交換をする事が出来ました。

 シン首相とは、私が総理時代に、包括的経済連携協定の交渉に入る事に同意し、また戦略的グローバルパートナーシップ関係を構築していく事、その中で安全保障協力を行う事で共同声明を出した関係ですが、国連総会出席を翌日に控えた中で、わざわざ時間を割いて頂きました。
首相の日本にたいする熱い思いを、あらためて認識しました。

 今日は国防大臣と会談、インドの議員との懇談、経済界との方達との意見交換を行う予定で、金曜日帰国します。


ソース:産経ニュース
記事元:【日印外交】日印で「中国周辺国の安全保障構想を」 国基研とビベカナンダ国際財団が東京とニューデリーで報告[05/21]



続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ