中欧

【 英・中 】 イギリス議員団の香港訪問を中国側が入国拒否 → 英「中国の圧力には屈しない!」 訪問は断念するが、住民の聴き取り調査はすると発表

1 : ミドルキック(WiMAX)@\(^o^)/:2014/12/02(火) 00:20:47.50 ID:R4iWNCaW0.net
【英議員団の香港訪問 中国側が入国拒否】

 イギリス議会下院の外交委員会は、民主的な選挙に向けた改革の取り組みなどを調べるため、香港への訪問を計画していましたが、中国側に入国を拒否され、この問題を議会で取り上げるよう求めました。

0c

 イギリス議会下院の外交委員会の議員団は、香港の返還を巡り、イギリスと中国が「共同声明」を調印して30年になるのに合わせて、今月13日から香港を訪れ、政治経済面でのイギリスとの関係や、民主的な選挙に向けた改革の取り組みについて調査する予定でした。
しかし、ロンドンの中国大使館は先月30日、議員団の入国を拒否する考えを示しました。

 外交委員会のオッタウェー委員長は「中国政府はあからさまな対決姿勢を示している」として批判し、議会本会議でこの問題を取り上げるよう求めました。
また、イギリスの外務省も「ここ数年の2国間の友好的な関係にそぐわず、遺憾だ」とのコメントを発表しました。

 これに対し、中国外務省の華春瑩報道官は1日の会見で、「ビザを出すか出さないか、誰に対して出すかは、国の主権の問題だ。
中国は、議員団が調査のために香港を訪問することに反対すると何度もいってきた」と述べました。

 そのうえで、華報道官は「どうしても議員団が調査のために香港を訪れるというのであれば、中国への公然とした対抗であり、2国間関係の発展に不利に働くだろう」と述べ、強くけん制しました。


ソース:NHK NEWS WEB
記事元:イギリス「香港に議員団を送って民主化の調査をしたい」 中国「イ・ヤ・だ・ね」 入国拒否


続きを読む

【英中】 英政府、人民元建てのソブリン債発行へ 外貨準備の調達が目的

1 :すらいむ ★@\(^o^)/:2014/09/13(土) 19:25:36.57 ID:???0.net
【英政府、人民元建てのソブリン債発行へ-中国以外の国では初】

 9月12日(ブルームバーグ) 英政府は、中国以外の国では世界初となる人民元建てソブリン債の発行を計画している。
外貨準備の調達が目的。


iginal

 オズボーン英財務相は12日、中国の馬凱副首相との会談後、ロンドンで記者会見し、同ソブリン債の発行は「人民元が国際的な通貨として発展する上で本当に画期的な事だ」と述べた。

 中国の上海では6月、人民元と英ポンドの直接取引が開始された。イングランド銀行(英中央銀行)のウェブサイトに掲載された声明によると、同行が英財務省のエージェントとしてソブリン債を起債。市場の状況に応じて「向こう数週から数カ月」内に実施するという。


ソース:Bloomberg
記事元:【国際】英政府、人民元建てのソブリン債発行へ-中国以外の国では初[09/13]



続きを読む

【英中】 キャメロン首相「チベットは中国の一部。独立を支持しない」 李克強首相との共同記者会見で表明  人権問題よりも経済を優先

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/12/03(火) 14:01:37.24 ID:???0
【キャメロン英首相、人権に踏み込まず 中国との経済協力優先】

 中国の李克強首相は2日、訪中したキャメロン英首相と北京で会談後、共同記者会見で、「英国側は中国の領土主権を尊重すると言及した」と述べた。

erp13120222470003-p1
北京の人民大会堂で2日、中国の李克強首相と握手を交わすキャメロン英首相

 中国中央テレビによると、キャメロン氏は「チベットは中国の一部。独立を支持しない」と表明。
経済協力を優先し、チベットを含む中国の人権問題に踏み込まなかったとみられる。


 英経済界には中国からの投資を景気回復の起爆剤の一つとして期待する声が強い。
しかし、欧米の人権外交を代表する英国が経済利益を優先し、人権問題を棚上げしたことに早くも批判が噴出。人権問題に関する欧米各国の発言力の低下が懸念される。


 李氏は会見で、高速鉄道や原発建設、双方の投資環境整備などで協力していくことで一致したとし、「新しい分野での協力を促進していく」とも強調。
キャメロン氏は「欧州の中で英国は最も中国の投資を歓迎している」と応じた。


ソース:産経ニュース
記事元:【国際】キャメロン首相 「英国側は中国の領土主権を尊重する」 経済利益を優先し、人権問題は棚上げ


続きを読む

【ベラルーシ】 中国に急接近の独裁国家ベラルーシ 「スラブの兄弟」ロシアはいらだち

1 :結構きれいなもろきみφ ★:2013/07/31(水) 00:01:28.70 ID:???
【中国に急接近の独裁国家ベラルーシ 「スラブの兄弟」露はいらだち】

 旧ソ連のベラルーシに対し、中国が影響力を強めている。
ベラルーシのルカシェンコ大統領は今月中旬に中国を訪れ、15億ドル(1500億円)相当の経済投資協定に署名。首都ミンスクでは「欧州最大」の中国工業団地の建設計画が始動した。

 経済危機に悩むベラルーシがロシアに資金援助を断られ、中国へ接近した形だ。ロシアとベラルーシは「スラブの兄弟国」として緊密な関係にあるだけに、中国の進出ぶりはロシアをいらだたせそうだ。

erp13073023220007-p1
16日、北京の人民大会堂で行われた歓迎式典で
中国の習近平国家主席(左)と閲兵するベラルーシのルカシェンコ大統領

 ルカシェンコ大統領は3日間の日程で北京を訪問、習近平国家主席や李克強首相らと相次いで会談した。
大統領は「中国は世界をひっぱる大国だ。今日、世界の熱気はワシントンやブリュッセルにはなく、北京にある」と中国を持ち上げた。露メディアは「ロシアにも使ったことのない賛辞」だと伝えた。

 大統領の訪中時、両国が調印した協定は30に及び、旧ソ連の遺産で辛うじて維持している軍事、宇宙開発分野にまで及んだ。
総額56億ドルをかけて建設する約80平方キロの工業団地には中国企業を誘致し、将来的には15万人が居住する。

 欧州連合(EU)加盟国に隣接するベラルーシへの大規模進出は、「中国にとっての欧露両市場への橋頭堡(きょうとうほ)になりうる」(専門家)とも指摘される。早速、自動車大手の「浙江吉利控股集団」は、ベラルーシ国内で大型乗用車を合同生産することで合意した。

 「欧州最後の独裁者」とも呼ばれるルカシェンコ大統領の下、ベラルーシは企業の操業停止、従業員の給料未払いなどの深刻な経済危機にあえぐ。

 最大の支援国だったロシアは、国有企業の民営化といった改革の遅れなどを理由に今年、資金援助の継続を拒否した。巨額融資の支払期限を今秋に控え、「中国との経済協力は国家再建のための唯一の選択肢」(露有力紙)だった。


 ベラルーシの苦境に乗じた中国のしたたかな戦略といえるが、専門家は「ベラルーシは中国カードを切ることでロシアを振り向かせ、中露両国からさらなる援助を引きだそうとしている」とも指摘する。

 中国は近年、中央アジア諸国への進出が著しく、カザフスタンの貿易高は昨年、ロシアを抜いて中国が一位になった。旧ソ連という“裏庭”で中国が影響力を強めていることに、「プーチン政権は懸念を抱いている」(外交筋)ともいわれる。

   ◇

ベラルーシ 1991年8月に旧ソ連から独立。人口約950万人。ルカシェンコ大統領は94年から現職。連続再選規定の撤廃などで長期政権を築く一方、野党・リベラル勢力を弾圧し、欧米は人権問題で厳しく批判している。輸出入の多くをロシアに依存し、2010年にロシアとカザフスタンと関税同盟を創設した。


ソース:産経ニュース
記事元:【国際】「欧州最後の独裁国家」ベラルーシ、中国に急接近…「スラブの兄弟」ロシアは“裏庭”での中国の暗躍にいらだち


続きを読む

【スペイン】 市民が「中華系は国に帰れ!」 誘致に熱心な政府とは反対に「メディアには中国排斥の意図が見える文章、番組がよくみられる」

1 :帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/07/24(水) 00:45:15.25 ID:???
【スペインで中華系住民への風当たり強く…政府は誘致に熱心、一般市民は「帰れ!」―中国メディア】

 スペイン最大の中国語メディア、欧華網によると、スペインでは政府や商業界が中国資本の誘致に熱心だが、一般市民の間では現地に住む中華系住民への風当たりが強くなっているという。中国新聞網が23日伝えた。
記事の内容は以下のようなものだ。

 「欧州連合(EU)で最も中国と仲のいいパートナー」であるスペインで、中華系住民が困った状況に追い込まれている。
スペイン政府や商業界は中国資本を誘致したがるが、一般市民の間では中国人への反感、排斥的雰囲気が強くなった。
さまざまな形で「中華系は国に帰れ!」といったメッセージが強烈になっている。


497

 反中感情は昨年10月、スペイン当局が犯罪集中取り締まりとして多くの中国人、中華系住民を逮捕したことで強まったが、実際にはそれ以前から徐々に膨らんでいた。
スペインのメディアには中国排斥の意図が見える文章、番組がよくみられる。



ソース:新華経済
記事元:【スペイン】中華系住民への風当たり強く...政府は中国資本誘致に熱心も一般市民は「中国へ帰れ!」[07/24]


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ