中東情勢

【 トルコ 】 クーデターの裏には建国以来の対立があった 

1 :ニカワ ★:2016/08/08(月) 02:05:34.61 ID:CAP_USER9.net
【トルコ政変の裏には建国以来の対立があった クーデター未遂への報復で溝さらに深く】

 7月15日にトルコで起きたクーデター未遂事件は、同国の社会に衝撃を与えた。エルドアン大統領は報復という大義名分を盾に権威主義の道をひた走るのか。あるいは敵と和解し、亀裂を修復しようとするのか。結論は見えていない。

 トルコの歴史を振り返れば、権威主義政権を揺るがす政変が起こった際、次期政権はさらなる基盤強化に動きだし、権威主義を軟化させることはなかった。

 今回も未遂事件発生後、エルドアン大統領は兵士や裁判官、警察官、教師らを大量に検挙し、その追放を発表するなど、強権的な動きを見せている。

 しかしエルドアン大統領の特徴だけからトルコ情勢全体を推し量ることは難しいだろう。
大局的に見れば、エルドアン大統領と彼が事実上率いている公正発展党も、同国の政治構造の変化を反映しているだけなのだ。
そして同様の事態はほかの中東諸国でも発生している。


8314


◆押し付けられた“世俗主義”

 トルコ建国の父、ムスタファ・ケマルは建国当初、世俗主義を掲げた。しかし実際には、ケマルへの個人崇拝を中心とする強権体制が1950年代まで続き、国民はその実態を看過してしまった。

 ケマルが主導した“世俗主義”は、大衆の支持を反映したものでなく、軍部やインテリなどの少数派エリートが伝統的な生活を営んでいた民衆に押し付けたものだった。

 たとえばケマルは歴史的にも文化的にもつながりの薄いアルファベットをトルコ語体系に導入したり、伝統的な衣装を禁止して洋服の着用を強要したりした。また名字がアラビア系であれば、トルコ風に変えることも強制したのだ。


◆クーデター未遂が浮き彫りにした対立構造

 欧州でこれほどまでにトップダウンの文化改革を経験した国は少ない。欧州諸国の多くは、民衆への啓蒙活動を続けたことで草の根から醸成された民主主義国家である。

 しかしトルコやイラン、イラク、エジプトやチュニジア、シリアといった国々では、そのようにして民衆が政治の主導権を握ったことはない。

 公正発展党が2002年以来、選挙で勝利し続けたのは、そうした抑圧への反動だったのかもしれない。ケマル主義体制が徐々に影響力を減らし、他政党の活動も許容されたことで、抑圧されていた保守勢力が影響力を増していったのだ。

 同時にトルコ経済の近代化により、新タイプのブルジョアジーが現れるようになった。彼らは元来の宗教的価値観を信奉しており、ケマル主義者を軍部、官僚、法曹界などの利権に群がる抑圧者と見なしていた。

 公正発展党の支持層の多くはこうしたブルジョアジーであり、同党の選挙での勝利、政権奪取が実現したのは彼らのおかげといえる。


◆権威主義がさらに強まる恐れ

 トルコではクーデターが過去60年間ですでに3度起こったが、今回のクーデターはトルコが抱える世俗主義対民主主義という対立構造をあらためて浮き彫りにしたのである。

 とはいえエルドアン大統領の外交政策は失敗続きだった。彼は当初「近隣諸国との紛争をゼロにする」との公約を掲げたが、実際には関係を悪化させた。
そのうえシリア内戦が波及し国内でもテロが頻発するなど、政情は不安定化している。

 それでもクーデター未遂事件後、国民はエルドアン大統領を支持し、欧米も彼を支持している。
欧州諸国としては移民、難民の流入を防ぐため、米国としてはイスラム国との戦闘を有利に運ぶため、トルコの安定は不可欠な要素なのだ。

 今回の事件に関与したとされるイスラム教指導者ギュレン氏の仲間たちへの粛清など、エルドアン大統領の徹底した対応は、トルコ社会に横たわる溝を今後さらに深めるだろう。

 クーデター未遂がエルドアン政権による民主主義の抑圧を招き、今後も言論の自由などが制限されかねない。そうなると権威主義への反動がさらなる権威主義を招くという歴史が繰り返されてしまう。

文/シュロモ・アヴィネリ(ヘブライ大学(エルサレム)政治学教授)


ソース:東洋経済ONLINE
記事元:【国際】トルコ政変の裏には建国以来の対立があった…クーデター未遂への報復で溝さらに深く
続きを読む

【 トルコ 】 クーデター未遂で5万人粛清 「テロ関係者を排除」、3カ月間の非常事態宣言も

1 :忍法帖【Lv=8,おばけありくい,cZy】 タヌキ◆RJGn7rgICeX.:2016/07/21(木)07:12:21 ID:cPO(主)
【トルコ、クーデター未遂で5万人粛清 国際社会の懸念深まる】

 【7月21日 AFP】 トルコで先週末に起きたクーデター未遂を受けた措置として、20日までに約5万人の公務員が拘束または解雇されたことが分かった。
国際社会からは、トルコ政府による大規模な粛清は法の支配を無視するものだと非難する声が上がっている。

16

     ===== 中略 =====

 また、20日のメディア報道によると、解雇された教育省職員は前日から約6000人増え、2万2000人に上った。さらに、私立教育機関の教員2万1000人が免許を剥奪され、今後教職に就くことが禁じられた。
スポーツ省でも職員245人が解雇された。同国の高等教育協議会も教員や研究者の国外出張を禁止し、国外滞在者の早期帰国を求めている。

 こうした動きを受け、国際社会では、レジェプ・タイップ・エルドアン大統領がクーデター未遂を口実に反対派を弾圧しているとの懸念が拡大。

 西側同盟諸国は、北大西洋条約機構(NATO)の戦略上の要となる加盟国であるトルコの当局に対し、法の支配に従うよう要求している。

     ===== 後略 =====


ソース:AFP BB NEWS
記事元:【トルコ】トルコ、クーデター未遂で5万人粛清 国際社会の懸念深まる[H28/7/21]
続きを読む

【 トルコ 】 軍がクーデター、国を掌握したと宣言

1 :qQDmM1OH5Q46:2016/07/16(土)08:18:04 ID:???
【トルコ、軍が国を掌握したと宣言-首相は抵抗を表明】

 トルコ軍は15日、国を掌握したと宣言した。
首都アンカラでは上空を戦闘機が飛び交い、道路は戦車で封鎖された。
ユルドゥルム首相は、国は政府が引き続き掌握しており、抵抗を表明し た。


888

(以下8:15更新分)

 トルコ軍当局は15日夜、声明を出して同国で権力を掌握したと述べた。首都イスタンブールでは上空を戦闘機が飛行し、戦車が道路を封鎖。

 エルドアン大統領はこれに対し、地方のテレビ局へのビデオリンクを通じて、自身が依然として権力を握っていると語り、国民に街頭や広場に出て抗議するよう求めた。


 トルコ軍は電子メールでの声明で、自由と民主主義を回復するため権力を奪取したと述べ、国際的な合意はすべて守られるとしている。

 クーデターの企てに軍全体が関与しているかは不明。国営テレビ局は反乱兵の支配下にあるもようで、戒厳令の宣言を放送した。

 エルドアン大統領の所在地は明らかでないが、国民に「クーデターの企て」に抵抗するよう促した。大統領はトルコ軍の一部のよるものだと述べている。


ソース:Bloomberg
記事元:【トルコ】トルコ、軍が国を掌握したと宣言-首相は抵抗を表明 [H28/7/16]

続きを読む

【 トルコ 】 最大30万人のシリア難民にトルコ国籍を認める計画

1 : ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(選挙行ったか? 99af-0ARu):2016/07/10(日) 12:59:58.56 ID:CAP_USER9VOTE.net
【シリア難民にトルコ国籍、最大30万人 トルコ紙報道】

 トルコ紙ハベルチュルクは9日、裕福で教育水準の高い人材を国内に引き留めるため、トルコ政府が最大で30万人のシリア難民にトルコ国籍取得を認める計画だと伝えた。

 レジェプ・タイップ・エルドアン大統領は今月2日、トルコ政府最高レベルの要人として初めて、シリア難民が希望すればトルコ国籍を取得できるだろうと述べていた。

3c3

(以下略)


ソース:AFP BB NEWS
記事元:【国際】トルコ政府が最大で30万人のシリア難民にトルコ国籍取得を認める計画

続きを読む

【 イラク 】 10年以上続く戦争で宗教的・民族的少数派が消滅の危機に

1 :ニカワ ★:2016/07/07(木) 01:53:13.15 ID:CAP_USER9.net
【民族消滅に近づくイラクの少数派】

 10年以上も戦争が続くイラクで、ヤジディ教徒などの宗教的・民族的少数派が消滅の危機に瀕している。ISISに殺されたり性暴力の被害に遭うなど実際の人口も減っている。
最近イラク政府が奪還した後のファルージャも平和からは程遠い

raq

 10年以上も戦争が続くイラクで、宗教的・民族的少数派が「消滅」の危機に瀕している。

 2014年6月にISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)がイラク北部の都市モスルを制圧して以来、同国の少数派に属する数千人が、拉致され、重傷を負い、あるいは殺害されている。

 その中には、ISIS戦闘員にレイプされたり、結婚を強制されたり、性奴隷にされたりした女性と少女も含まれるが、正確な人数は分かっていない。


◆政府軍の反攻で100万人が追われる

 これは、4つの人権団体──マイノリティー・ライツ・グループ・インターナショナル(MRG)、代表権をもたない国民・民族機構(UNPO)、国際法・人権研究所(IILHR)、ノー・ピース・ウィズアウト・ジャスティス(NPWJ)──が今月4日に発表した報告書による告発だ。

 イラク政府が今後、モスルの奪還に向けて動けば、それにより計100万人が影響を受け、居場所を追われるだろうと報告書は警告している。

 米軍主導の多国籍軍がイラクに侵攻した2003年以来、少数派の危機的状況に関しては何度も報告がなされてきた。

 その最新版となる今回の報告書によれば、現在の紛争では、ISISだけでなく、イラク治安部隊、民衆動員部隊(シーア派民兵)、ペシュメルガ(クルド人自治区の治安部隊)といった複数の紛争当事者が戦争犯罪を犯している。

 化学兵器の使用、レイプ、拷問、少年兵の勧誘などだ。国連調査官も今月初旬、ISISが少数派ヤジディ教徒を集団虐殺していると非難した。

 「13年間の戦争により、イラク社会には悲惨な長期的影響が出ている」と、マイノリティ・ライツ・グループ・インターナショナル(MRG)のマーク・ラティマーは述べる。

「少数派に対する影響は壊滅的だ。サダム(・フセイン元大統領)はひどかったが、状況はさらに悪化した。何万人もの宗教的・民族的少数派が殺され、数百万人が命からがら逃げ出した」


◆キリスト教徒は115万人、ヤジディ教徒は20万人減少

(以下略)


ソース:Newsweek
記事元:【国際】キリスト教徒は115万人、ヤジディ教徒は20万人減少…民族消滅に近づくイラクの少数派
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ