中国企業

【 独・中 】 ドイツの空港を買収した中国企業の「異常さ」 

1 :qQDmM1OH5Q46:2016/06/29(水)13:19:14 ID:???
【ウェブサイトすらなし!ドイツの空港を買収した中国企業の「異常さ」―独メディア】

 2016年6月28日、独フランクフルト郊外のハーン空港を買収した中国の上海益謙貿易の「異常さ」が現地メディアで報じられている。

594

 現地メディアARDドイツテレビのウェブサイトによると、上海益謙貿易には公式ウェブサイトが存在しない。また、ネット上には関連情報も掲載されていないという。

 商業登記はされており、住所は上海市閘北区のビルの21階とされている。同区はかつて工場や倉庫が連なった場所で、現在では住宅街に変わっている。
ARDドイツテレビの記者が訪れると、ビルの中には上海益謙貿易の事務所があることを示す看板や広告などは一切なく、事務所内の床に置かれた段ボールには生活用品が詰められていた。

 事務所にいた若い女性職員は、ここは間違いなく上海益謙貿易だと証言したが、会社の運営モデルや関係者の情報については口を閉ざした。
同社の代表は現在海外にいるため、質問があれば帰国後に伝えるとだけ話したという。

(以下略)


ソース:レコードチャイナ
記事元:【独中】ウェブサイトすらなし!ドイツの空港を買収した中国企業の「異常さ」―独メディア [H28/6/29]
続きを読む

【 豪・中 】 オーストラリアが要衝ダーウィン港を中国企業に99年リース  同盟国から懸念の声

1 :qQDmM1OH5Q46:2016/01/10(日)22:34:56 ID:WXe(主)
【豪州、ついに中国の軍門に降る 北部要衝を中共系?企業に「1世紀」リース】

 南シナ海情勢に大きな影響を与えるオーストラリア。その北部の要衝、ダーウィン港がリースされる。
相手は中国企業で、期間は99年間とほぼ1世紀に及ぶ長さ。しかもこの中国企業は共産党との繋がりが指摘されている。


 人工島造成を進める中国に対し、「航行の自由作戦」を実施している同盟国の米国などから懸念の声が出ている。

3f8c


◆米海兵隊も駐留する要衝を

 オーストラリア北部準州政府が中国嵐橋集団とリース契約を交わしたと発表したのは2015年10月。
ダーウィン港にはオーストラリア海軍基地があるほか、米国海兵隊も駐留する軍事的に重要な場所として知られている。

 オーストラリア側は約5億オーストラリアドル(約440億円)でダーウィン港の土地、イースト・アーム港の周辺施設やフォート・ヒル港を中国嵐橋集団に対してリースする。

 山東省に拠点を置く中国嵐橋集団はエネルギーやインフラ産業を主軸とする企業で、今後25年で2億オーストラリアドル(約173億円)を港湾整備に投じて、中国とオーストラリアの貿易や観光を促進するとしている。

(以下小見出しのみ)

安全保障上の懸念はないと…


ソース:産経WEST
記事元:【国際】オーストラリア、ついに中国の軍門に降る 北部要衝を中共系?企業に「1世紀」リース [H28/1/10]
続きを読む

【 台・中 】 中国企業の子会社が台湾テレビ局の買収に動く

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2015/11/25(水) 17:55:08.55 ID:CAP_USER.net
【中国企業の子会社が台湾テレビ局買収案 会長の父は中国軍元将軍、メディアや野党が猛反発】

 【台北=田中靖人】 台湾の有力有線テレビ局「東森テレビ」を、中国の映画会社DMG傘下の米企業経営者が買収する案が23日、浮上し、メディアや野党が反発している。

 DMGの肖文閣董事長(会長)の父親が人民解放軍の元将軍とされるためで、台湾社会の反中感情を刺激し、反発がさらに広がる可能性がある。

740

 23日付の台湾各紙は、米紙ロサンゼルス・タイムズを引用する形で、米国のDMGエンターテインメントのダン・ミンツ最高経営責任者(CEO)が6億ドル(約740億円)で、米国の投資ファンドから東森テレビの株式約60%を購入することで合意し、経営権を取得すると報じた。
同社は中国のDMGの子会社で、「アイアンマン3」の共同製作などで知られる。

 東森テレビは1997年から放送を開始。台湾でニュースや映画など10チャンネルを放送しているが、経営難で投資ファンドに株式を譲渡していた。
台湾の法令はテレビ局への中国人の投資を禁じており、外国人の投資にも制限がある。

(以下略)


ソース:産経ニュース
記事元:【中台】中国企業の子会社が台湾テレビ局買収案 会長の父は中国軍元将軍、メディアや野党が猛反発[11/25]

続きを読む

【 ラオス 】 中国資本に食い散らかされラオス首都

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/09/29(火) 23:15:09.50 ID:???
【中国資本に食い散らかされラオスが空洞化】

 ラオスの首都ビエンチャンは今、猛烈な勢いで「中国化」が進んでいる。あちこち建設ラッシュだが、その現場のほとんどには中国語の看板が。
中国企業が開発を進めているのだが、ラオスにとって利益は少ない。現地駐在員が明かす。


dcp

 「下働きの作業員まで中国から連れてくるから、ラオスに金は落ちない。彼らの宿舎も中国企業がつくり、食事も中国人経営の中華料理店。そうして建設された高級マンションも中国人が買っていく。
それも住むのではなく投資目的。だからビエンチャンには今、人のいないがらんどうの高級物件が増えていて不気味。
こうして不動産市場に中国マネーが流れ込み、実体経済とは不釣り合いなくらい地価が上がってる。バブルだよ」

 ラオスを舞台に中国人同士で金を回し合うシステムができてしまっているわけだ。
そのきっかけは、2009年にビエンチャンで開催されたSEAゲーム(東南アジア競技大会)だといわれる。ラオスに詳しいジャーナリストはこう解説する。

 「国力に乏しいラオスは、国際大会の開催が決まっても、スタジアム建設がなかなかはかどらなかった。そこに助け舟を出したのが中国で、巨大なスタジアムと体育館を無償で建設した。

3年前にもビエンチャンでASEM(アジア欧州会議)が開かれたが、この時も中国は各国首脳が泊まる迎賓館、コンベンションセンターを無償で建設。

その見返りとして中国が、首都中心部の開発権を得たといわれている」

(略)

 「国境地帯に、カジノが売りのテーマパークをつくったこともある。中国国内では賭博が禁止されてるため大人気となり、中国人が殺到。それを見て売春と薬物を扱うマフィアも流入し、治安が一気に悪化した。

 ラオス政府もさすがにカジノの閉鎖を要請。街はゴーストタウンとなり、今でもカジノやホテルの廃虚が立ち並んでいる」と同ジャーナリスト。

(以下略)

関連:2012/11/15 【ラオス】中国人のために創られたラオスのカジノ街 犯罪頻発で廃墟化


ソース:東スポWEB
記事元:【国際】中国資本に食い散らかされラオスが空洞化 [09/29]

続きを読む

【 中国 】 食品関連工場の約半数が国際衛生基準に失格  「殺虫剤、抗生物質、重金属、バクテリア、ウイルスが異常な水準で検出された」

1 :sRJYpneS5Y :2015/01/18(日)20:39:53 ID:???
1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/01/18(日) 21:44:56.78 ID:???
【中国の食品関連工場の約半数、国際衛生基準に失格】

 香港(CNN) 中国内にある食品製造や加工の工場の48%が衛生対策での国際基準を満たしていなかったとする調査報告書が18日までに発表された。
一部の工場の従業員には基本的な衛生観念の欠如が見られたとも指摘した。

lks

 調査は食品などの品質検査を手掛ける企業「AsiaInspection」が昨年実施したもので、「数千回」に達した視察、監査やテストで衛生対策の現状を探った。

 一部の工場では従業員が手袋もせず作業するなど同社の顧客である欧米系の食品関連企業や小売商が求める対策が無視されていたとも述べた。

 同社幹部はCNNの電話取材に応じ、調査では殺虫剤、抗生物質、重金属の各成分に加え、バクテリアやウイルスが消費者の健康を損ねかねない異常な水準で検出されたと指摘。

 販売の商品では不当表示の包装、異常な色合い、臭いや損傷もあり、海産物では重さを増やすため水を使う手口もあったとしている。

 中国では近年、食品に関する不祥事が続発。直近の例では米企業系の食品製造企業が賞味期限切れや汚染された肉を売っていた事例が暴露され、非難を集めていた。
この企業はマクドナルド、スターバックス、KFCやピザハットなどの企業と取引していた。

(略)

 問題の背景には、中国内の食品製造業界が極端に細分化されている現状があるとも説明。
食品の生産や加工には現在50万社が従事しているが、このうち7割の従業員は10人以下の小企業と指摘した。
中国当局の監督や取引する外国資本の目配りが非常に難しくなっている要因となっている。

(以下略)


ソース:CNN
記事元:【国際】中国の食品関連工場の約半数、国際衛生基準に失格 [H27/1/18]
    :【国際】中国の食品関連工場の約半数、国際衛生基準に失格 殺虫剤、抗生物質、重金属、バクテリアやウイルスが高水準で検出


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ