イスラム国邦人人質

【 中国ネット 】 ”日本人に尊敬と恐怖” 社会に謝罪した日本人人質家族のふるまいに、「日本人は大嫌いだが、この素養は学ぶに値する」「恐ろしくて身の毛がよだつ」

1 : トペ スイシーダ(栃木県)@\(^o^)/:2015/02/09(月) 08:40:13.98 ID:a/uakJX30.net
【「敬服すべし」中国も驚愕、日本人人質家族のふるまい…理解できない声も「社会に謝るとは恐ろしい民族だ」】

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件は、発生直後から中国でも大きな関心を呼んだ。
湯川遥菜さん、後藤健二さんを殺害したとする画像が相次いで公開されると、中国のネットは、「やった!日本人は殺せ、安倍も殺せ!」などの暴言や、それらをたしなめる意見、「日本政府が何もしなかったのは軍拡の口実がほしかったためだ。かわいそうな2人…」といった的外れな分析など、多種多様な書き込みであふれた。

 ただ、家族が示した態度に対しては、韓国がそうだったように、中国のネット世論も驚きの声を上げた。
その中身は、日本人に対する「尊敬」であり、「恐怖」であった。


t2

 湯川さんが殺害されたとする画像がインターネット上に公開された翌日の1月25日、報道各社の代表取材に応対した湯川さんの父親は、「みなさまにはご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪し、「政府や関係者の方々のご尽力に深く感謝します」と述べた。

 冷静さを保ち、政府をはじめ、関係者への謝罪と感謝を口にする姿に感銘を受けたネットユーザーらは、父親の言動を伝えた中国メディアのサイトに、

「日本人の素養、常に自己の利益よりも上に常に国家や社会を置いている」
「日本人は大嫌いだが、この素養は、学ぶに値する」
「敬服せざるを得ない」
「これが日本人の精神構造だ。何事においても他人の立場で考え、迷惑をかけないようにして、互いに礼儀を尽くす。大いに学ばなければならない」

などと次々に書き込んだ。

だが、一部のネットユーザーらは、父親に「尊敬」や「感銘」ではなく、「恐怖」の目を向けた。

「何と恐ろしい民族だ。自分の息子をしのぶのではなく、社会に謝罪するとは…」
「恐ろしくて、身の毛がよだつ」
「この民族は、『イスラム国』より恐ろしい」

(以下略)


ソース:産経ニュース
記事元:中国人「日本人殺害ざまあw」 湯川さん父「申し訳ございません」 中国人「…う、うわあ…ああああ」


続きを読む

【 中東 】 タリバンとの人質交換に応じていた米国  タリバンは「テロリスト」じゃなくて「武装反乱集団」だからOK

1 :◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★:2015/01/30(金) 20:27:36.82 ID:???
【米軍、昨年人質交換していた…イスラム国人質事件対応めぐり、矛盾を英紙批判】

(略)

◆基本スタンスは「テロ組織の要求には一切応じない」

(略)

 一方で、中東では今も昔ながらの部族支配の時代の習慣が続いており、「紛争地域では人質を取ることと人質交換は一般的に行われている」「中世のヨーロッパも同様だった」とも同紙は指摘する。

 しかし、現代のアメリカ、イギリスなどの西側政府の基本的なスタンスは、基本的に「テロリストやテロ組織の要求には一切応じない」というものだ。

 マクドノー米大統領首席補佐官は25日の米FOXテレビの番組で、「我々はテロリストとの交渉には応じない。身代金も払わない。その金で別の誘拐事件が起き、問題を悪化させるだけだからだ」と述べている。

 日本については、ガーディアンは、「安倍首相も米英などのスタンスに倣うようだが、国民の意見は割れている。後藤さんは自らシリアに渡った時点で自業自得だとする考えが主流だが、彼を勇気ある男と見る者もいる」としている。

tan


◆兵士と民間人の違いは?

 一方、米キリスト教団体系のオンライン新聞『クリスチャン・サイエンス・モニター』は、「自ら選んだ道の結果として誘拐されたジャーナリスト、ボランティア、冒険家」といった人たちと、「国に命じられて戦地に赴いた軍人」とでは扱いが違ってくるという見解だ。
後者の場合は必ずしも「交渉に応じない」という原則通りにはいかないと、同メディアは主張する。

 こうした主張が出る背景には、昨年アメリカがアルカイダ系組織と行った「人質交換」を巡る議論があるようだ。米政府は昨年、アフガニスタンでイスラム原理主義勢力タリバンに拘束された米陸軍のボウ・バーグダル軍曹の解放と引き換えに、米軍施設内のグアンタナモ収容所に収監していたタリバン幹部5人を釈放した。
これを引き合いに、今回のヨルダンの対応への批判は矛盾していると、米議員らから批判が出ている(FOX)。

 記者団からこの「ダブルスタンダード」を突かれたホワイトハウスのシュルツ報道官は、タリバンは「武装反乱集団」であり、ISISは「テロリスト集団」だと、相手の違いを強調した。

 また、昨年の人質交換はアフガン戦争終結の動きの一環だったというのが米政府の見解なようだ。

 これに対し、米上院軍事委員会のメンバーでもある共和党のハンター上院議員は、「率直に言ってバーグダルの件は失敗だった。政府はタリバンとISISを比べることで、それを必死になって正当化しようとしている」と、ホワイトハウスの「苦しい言い訳」を批判している(FOX)。


◆ヨルダンの国内事情も影響

 ヨルダンが人質交換に応じる動きを見せている背景には、人質になっているカサースベ中尉の「身分」も関係しているようだ。

 王族が治める立憲君主制を取る同国では、軍人の華とされる空軍パイロットの多くは有力な部族の出身者だという。
カサースベ中尉もその一人で、親戚筋が一大キャンペーンを行い、アブドゥッラー2世国王に解放を強く嘆願したという(『クリスチャン・サイエンス・モニター』)。

 同メディアは、「カサースベを救った王になるのと、彼を死に追いやった王になるのかは大きな違いだ」と記す。
ヨルダンが人質交換に応じようとしているのは、国王が国内の目を意識した結果だという見解だ。

 また、ヨルダンは1994年にイスラエルと和平を結んで以来、中東では数少ない親米路線を取っており、シリアのISIS支配地域への空爆にも参加している。
カサースベ中尉も米軍の作戦に参加した際に撃墜され、拘束された。

 しかし、同国では親米・親イスラエル路線への批判も多い。『クリスチャン・サイエンス・モニター』は、そうした国民の批判をかわす意味でも、ヨルダン政府と国王は何があっても同中尉を救出したがっているとしている。


ソース:NewSphere
記事元:【国際】タリバンは「武装反乱集団」で「テロリスト」では無いからOK、タリバンとの人質交換には応じる米国の二重基準


続きを読む

【 ヨルダン 】 「パイロット救出はまだなのか!」 怒りの矛先がISILから政府に  王宮前で異例の抗議デモ 【 動画 】

1 : オリンピック予選スラム(大阪府)@\(^o^)/:2015/01/29(木) 17:33:04.43 ID:BHPjrEoW0.net
【ヨルダン王宮前で異例の抗議デモ 政府へ不満高まる】

92

(略)

 一方、ヨルダン国内では、パイロットの救出に時間が掛かり過ぎているとして、政府への不満が高まっています。
アンマンでは28日夜、家族や友人らが王宮の入口で異例のデモを行いました。


 パイロットの父親:「ヨルダン政府は真剣に取り組み、『イスラム国』との接触方法を見つけて、息子の解放を求める親のために尽くしてほしい」

 政府の対応に納得がいかない家族や友人ら100人以上が、パイロットの解放に向けた積極的な対応を取るよう政府に求めました。
国民の怒りの矛先は、イスラム国よりもヨルダン政府に向かってきています。
ヨルダン国内をこうした混乱に陥れることもイスラム国の狙いなのではないかとみられています。



ソース:テレ朝ニュース (動画有り)
記事元:【悲報】ヨルダン国民、怒りの矛先がISILではなく国王と政府へ向かい始める


続きを読む

【中東】 攻めから守りに入った「イスラム国」に内部分裂と焦り? 米軍特殊部隊投入恐れ「24時間」設定か

1 :sRJYpneS5Y :2015/01/29(木)12:47:02 ID:???
「イスラム国」に内部分裂と焦りの指摘 米軍特殊部隊投入恐れ「24時間」設定か

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件で、犯行グループが「24時間」というタイムリミットを突き付け、一気に緊迫の度合いを増した。

 フリージャーナリスト、後藤健二さん(47)の解放と引き換えに、ヨルダンで収監中の女テロリスト、サジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を改めて要求した。

 期限を短く区切ることで、日本政府とヨルダンを揺さぶる一方、専門家はイスラム国自体の焦りを指摘する。特殊部隊の投入など米軍主導の人質奪還、掃討作戦を恐れているというのだ。

ge

(略)

 なぜ、イスラム国は時間を短く区切ってきたのか。

 国際政治アナリストの菅原出(いずる)氏は「米軍はじめ有志国軍の攻撃により、昨年11月ごろから『イスラム国』内に内部分裂が起きていた。支配地域を拡大していたころと違い、現在は守勢に回る側にある。
そのため『イスラム国は健在だ』と対外的に宣伝する必要があった」と内部分裂と焦りによるものと指摘。

「今回の要求が満たされなければ、存在を誇示するためさらなる要求があるだろう」と推測する。

 米軍と有志国軍は25日から26日にかけ、シリアとイラクにあるイスラム国の拠点を狙い計34回の空爆を実施した。
また、イスラム国との激しい衝突が続いていたシリア北部の少数民族クルド人の町、アインアルアラブ(クルド名コバニ)を奪還するなどテロ集団への包囲網を着実に狭めている。

 関係者によると、今回の日本人殺害脅迫事件で、打開策として検討されてきたのが、米軍による特殊部隊の投入だ。

 米国は地上戦闘部隊を派遣しない方針を鮮明にしているが、軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「オバマ米大統領は、日本政府に全面的な支援を約束している。交渉が決裂した末に、武力奪還以外に選択肢が残されていない状況になれば、部隊投入をためらわないだろう」と話す。

 ミッションにあたるとみられるのが、米海軍特殊部隊「シールズ」に所属する「海軍特殊戦開発グループ(DEVGRU)」だ。
約200人いるとされる同部隊の中から選ばれた24~40人で構成される「精鋭中の精鋭」で、「チーム6」の別名を持つ。

 対テロ戦と人質奪還のプロフェッショナルで、2011年5月、パキスタンで国際テロ組織「アルカーイダ」のリーダー、オサマ・ビン・ラディン容疑者の暗殺作戦に従事した。

 「成功の鍵は情報収集だ。相手は頻繁に移動を繰り返しているとみられる。無線傍受や衛星、無人機からの監視によって、拘束場所を特定できればゴーサインが出るはずだ」と世良氏。

 特定に成功した場合、夜間を利用し、ステルス型ヘリ「ブラックホーク」に分乗した部隊が、トルコ南部インジルリク空軍基地から飛び立つ。
後藤さんらが拘束されているイスラム国支配地域の拠点に到達すると、「チーム6」の精鋭たちが速やかに奪還に移る作戦だ。

 イスラム国は、こうした急襲を恐れ、防ぐ目的で「24時間」を突き付けてきた可能性がある。


ソース:zakzak
記事元:【国際】ISILに内部分裂と焦りの指摘 米軍特殊部隊投入恐れ「24時間」設定か [H27/1/29]


続きを読む

【 中東 】 邦人人質、イスラム国が対応苦慮?  中東で評価される日本外交、イメージ悪化を避けたい劣勢イスラム国

1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2015/01/24(土) 15:53:03.10 ID:???0.net
【人質扱い、世論動向も見極めか=劣勢イスラム国、対応苦慮?-中東では日本外交評価】

 日本人人質2人の殺害を警告している過激組織「イスラム国」は米軍主導の有志連合の空爆を受け、シリア北部の戦線での劣勢も伝えられる。「72時間」の期限が過ぎた24日、2人の安否は依然不明だ。

 イスラム国は世論の動向や日本政府の働き掛けを見極めながら、最終的な人質の取り扱いを慎重に検討している可能性もある。

440


◇士気低下、脱走も

(略)

 イスラム国は巧みなメディア戦略で、インターネット上で広報宣伝活動を展開。欧米のイスラム系移民をはじめ世界各地から戦闘員を集め、その数は3万人を超すとの推計もあった。

 しかし、国際的なテロ対策に関わる外交筋は「欧米から安易な気持ちでイスラム国に加わる若者たちが厳しい規律についていけず、離脱する例が増えている」と分析する。

(略)


◇「殺すな」の書き込み

 こうした中でイスラム国は、安倍晋三首相の中東歴訪を受け、日本人人質の利用価値が高まったと判断し巨額の身代金獲得をもくろんだとの見方もある。

 中東の歴史に深く関わる欧米諸国に比べ、日本の中立的な外交姿勢は高く評価されている。米英などの人質を無慈悲に殺害してきたイスラム国にとっても、日本人殺害には一定のハードルがある。

 フェイスブックやツイッターでは「日本人人質を殺すな」といったイスラム教徒の書き込みもある。
メディア戦略で戦闘員を勧誘したり、寄付金を募ったりするイスラム国にとって、人質の殺害は残虐なイメージを一層強める。

 世論や末端の活動家の意見に無関心ではいられないイスラム国の指導部が、日本人2人の取り扱いについてどう判断するか流動的な部分も残る。


ソース:時事ドットコム
記事元:【イスラム国】 人質扱い、世論動向も見極めか=劣勢イスラム国、対応苦慮?-中東では日本外交評価 [時事通信]


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ