アメリカ企業

【 米中 】 中国、独禁法でアメリカ半導体クアルコムに制裁金1150億円

1 : グロリア(大阪府)@\(^o^)/:2015/02/10(火) 15:57:08.14 ID:rrIqrZjR0.net
【中国、米半導体クアルコムに制裁金1150億円】

 【北京=栗原守】 米国の半導体大手クアルコムは9日、中国の独占禁止法に違反したとして、中国国家発展改革委員会(日本の公正取引委員会に相当)から、9億7500万ドル(約1150億円)にのぼる巨額の制裁金を科されたと発表した。

 中国での同法違反の制裁金としては最高になるとみられる。クアルコムは支払いに応じる方針だ。

44m

 同社は携帯電話の開発などに必要な特許を多く持っている。中国の取引企業に対し、不利な契約を結ばせるなどして、不当に高い特許使用料を徴収していたとみられる。


ソース:YOMIURi ONLINE
記事元:中国がクアルコムに独禁法違反で制裁金1150億円



続きを読む

【 アメリカ 】 司法省が不正格付けの疑いでムーディーズを調査

1 :影のたけし軍団ρ ★:2015/02/02(月) 09:28:06.58 ID:???*.net
【米司法省、ムーディーズ調査=不正格付け疑い-報道】

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は1日、2008年の金融危機発生前に証券化商品に本来より高い格付けを付与した疑いがあるとして、米司法省が格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスを調査していると報じた。

g

 同紙によると、04~07年ごろの住宅ローン担保証券(RMBS)に対する格付けが調査の焦点。
司法省はムーディーズが自社の業績を優先させ、格付け基準をゆがめた恐れがあるとみている。

(以下略)


ソース:時事ドットコム
記事元:【経済】 米司法省がムーディーズ調査・・・不正格付け疑い


続きを読む

【 米中 】 習近平の著書を褒めちぎるフェイスブックCEO 露骨に擦り寄る姿勢に、中国の人権活動家らは失望と怒りの声

1 :すらいむ ★@\(^o^)/:2014/12/10(水) 18:04:58.50 ID:???0.net
【中国・習主席の著書に「いいね」連発のフェイスブックCEO 露骨なすり寄りに広がる波紋】

 世界最大の交流サイト(SNS)、フェイスブック(FB)の創業者兼最高経営責任者(CEO)、マーク・ザッカーバーグ氏(30)が最近、中国のネット行政を統括する「国家インターネット情報弁公室」のトップ、呂魏氏(54)を米カリフォルニア州のFB本社に招き、習近平国家主席(61)の最新著書を褒めちぎっていたことが9日、分かった。

 FBをはじめほとんどのSNSが使えない中国だが、ネット人口は全世界の4分の1に当たる6億人。
この超巨大市場に食い込むためのなりふり構わぬすり寄りぶりに波紋が広がっている。


772

■ネット行政トップと

 中国の最高国家行政機関、国務院が管理運営するニュースサイト「中国網(チャイナネット)」が最初に報じ、AP通信や米紙USATODAY、英紙デーリー・テレグラフ(いずれも電子版)といった欧米メディアが後追いしたのだが、中国網の報道は衝撃的だった。

 「FB創業者、習近平から学ぶ」と題した中国網の記事は、2人が会った日時は明かしていないが、添えられた写真にはザッカーバーグ氏のオフィスで破顔一笑して机に座る呂氏と、その横に愛想笑いしながら立つザッカーバーグ氏の姿がある。
机の上には英語など9カ国語に翻訳された習主席の近著「中国の統治」がさりげなく置かれているという構図だ。

 記事によると、この著書についてザッカーバーグ氏は呂氏に「同僚にも読んでもらいたくて彼らの分も買ったよ。僕は彼らに中国式の社会主義を理解してほしいんだ」と話し、FBの社員にも中国の社会主義を学ぶよう勧めていることを明かした。

 “ネット検閲”が日常化している中国本土では、FBやツイッターなどのSNSやグーグルなどの検索エンジンは体制批判を助長する恐れもあって事実上使用できない。

 だが、FBは中国本土の企業に対するオンライン広告の販売強化などを目指し、香港に続き北京に事務所用のスペースを借りたという。


 中国網が伝えたザッカーバーグ氏の言動は中国本土でビジネスを展開するためのロビー活動であり、“おべんちゃら”なのだ。


■アップル、グーグルも

(略)

■人権活動家は失望

 中国当局に対するザッカーバーグ氏の露骨なまでのすり寄りに、中国の人権活動家らは失望と怒りの声をあげている。

 中国の著名な民主活動家、胡佳氏(41)はテレグラフ紙に「彼はネットの天才かもしれないが、中国の政治に対する理解度は3歳児並みだ」とこき下ろし、「(インターネットを規制する)中国における敵のトップ3は共産党、習近平、呂魏なのだ」と強調した。

 一方、北京人民大学の張明教授(政治学)はテレグラフ紙に、ザッカーバーグ氏の一件は驚くに値しないと明言。
「彼はビジネスマンであり、ビジネスとは所詮ビジネスなのです」と冷ややかな見解を示した。


ソース:産経ニュース
記事元:【国際】中国・習主席の著書に「いいね」連発のフェイスブックCEO 露骨なすり寄りに広がる波紋[12/10]


続きを読む

【 食 】 中国産コーヒー豆がスターバックスやネスレなどの新たな仕入れ先に ブラジルでの生産量激減を受け

1 :Baaaaaaaaφ ★@\(^o^)/:2014/11/21(金) 15:37:28.45 ID:???0.net
【ブラジルでコーヒー豆の生産量が激減、中国が米大手ブランドの新たな仕入れ先に―米メディア】

 米メディア米ビジネスインサイダーは19日、ブラジルで天候不良や疾病などによりコーヒー豆の生産量が激減したことを受け、コーヒーチェーン世界最大手のスターバックスが中国市場に視線を移したと報じた。
20日付で国際在線が伝えた。

25

 海上輸送に関する情報を提供するPIERS社によると、1~9月期にスターバックスが中国から輸入したアラビカ豆は1万4000袋近くに上り、昨年の輸入量全体の5倍以上に達している。

 スターバックスやネスレなど複数の企業がすでに中国の雲南省にコーヒー豆を仕入れるための拠点を設けたという。
米国のボルカフェ社も、コーヒー豆の仕入れと販売のために雲南省に支社を設ける計画を明かしている。

中国のコーヒー豆市場に世界中から熱い視線が注がれ始めている。


ソース:FOCUS ASIA
記事元:【流通】ブラジルでコーヒー豆の生産量が激減 中国が新たな仕入れ先に


続きを読む

【 アメリカ 】 中国の”米企業締め付け”に経済界が怒り心頭 オバマ大統領の弱腰外交にも強い批判

1 :鴉 ★@\(^o^)/:2014/11/12(水) 16:39:19.66 ID:???*.net
米経済界は中国に猛烈な怒り オバマ氏の弱腰外交にも強い批判

 「オバマ大統領は中間選挙の大敗北の後始末もせず中国に出かけて、米国の輸出を増やすための話し合いをするそうだが、米経済界は今や中国に対して猛烈にハラをたてている。
中国に毅然とした姿勢をとらないと、国民から強い批判を受けるだろう」

 ブッシュ前政権の最高首脳の一人で、ハドソン研究所の所長をつとめた後、アスペン研究所で21世紀の製造業を研究している友人のトム・デュースターバーグ博士がこう言った。

27

 オバマ大統領は2009年に北京を訪問し、米経済を立て直すため、中国の協力をとりつけることに成功した。
今回、中間選挙後のゴタゴタが続くワシントンから逃げるようにして、そそくさと習近平主席に会いに出かけたのは「夢よもう一度」を狙ってのことだろう。

 友人が指摘したように、米国の企業家や経済人、それにシリコンバレーまでが今、米国のビジネスに対する中国政府のやり方にひどくハラをたてている。

 先頃、中国企業アリババがニューヨークで株を売り出して大儲けした。時を同じくして中国政府は、自国内の米企業の活動を締め付け始めた。
最初の標的はアップルで、新しいアイフォーン6を世界的に売り出した際、中国での販売を許可しなかった。

 次に狙われたのがマイクロソフト。同社に対して、「中国政府の情報を集めるだけでなく、妨害工作をしている」として北京など中国のマイクロソフト支店に立ち入り検査を行い、コンピューターを押収した。

 さらに、コンピューター企業に最先端の部品を売っている米クアルコム社も公安警察の手入れを受けて、新製品を押収された。

 全米商工会議所など米経済界は、中国がこうした理不尽な行動をとり始めたのは、「オバマ大統領の弱腰の対中国外交の結果だ」と考えている。

 今回の中間選挙で勝った共和党の議員らのなかには若い企業家も多く、何より国家の力が米国のビジネスに必要であると考えている。
私が全米商工会議所やハドソン研究所でよく顔をあわせるアーカンソー州選出のトム・コット上院議員やネブラスカ州選出のベン・サッソー上院議員らは「オバマ大統領の弱腰外交が米国に大きな不利益をもたらしている」と非難している。

 オバマ大統領は習近平主席だけでなく、オーストラリアやミャンマーの政府首脳と会い、アジアにおける経済利権の調整を図ろうとしている。
だが、米国の有権者らはもはや中国のご機嫌をうかがうようなオバマ氏のアジア外交を許さない。


 オバマ大統領はこうした米国民の反発に気がつかず、選挙後の会見でも的外れの感想ばかり述べている。
オバマ氏の今回のアジア訪問は、2009年のときとは、まったく異なる反応を米国民から突き付けられることになるだろう。


ソース:zakzak
記事元:【国際】米経済界、中国に猛烈な怒り オバマ氏の弱腰外交にも強い批判


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ