コンゴ民主共和国

【コンゴ民主共和国】 エボラとは別とみられていた「出血性胃腸炎」、やっぱりエボラ熱だった しかも西アフリカで流行しているのとは別タイプ

1 : フライングニールキック(茸)@\(^o^)/:2014/08/25(月) 08:14:58.21 ID:cxFISo4i0●.net
コンゴでエボラ熱発生 西アフリカとは別ウイルスか

 【ナイロビ=共同】 アフリカ中部のコンゴ(旧ザイール)のカバンゲ保健相は24日、北西部の赤道州でエボラ出血熱の感染者が確認されたと発表した。AP通信が伝えた。

 カバンゲ氏によれば、医療従事者5人を含む13人がエボラ熱で死亡したとみられ、別に11人が発症。約80人の健康状態を調査しているという。

 一方、カバンゲ氏は西アフリカで流行し、1400人以上を死亡させたエボラウイルスとは種類が異なると指摘。
西アフリカからの感染拡大ではなく、別の流行が並行して始まった可能性がある。

世界保健機関(WHO)は、コンゴ国外の専門機関で精査していると説明した。

ola

 WHOは数日前、コンゴでの死者は出血性胃腸炎によるものでエボラ熱ではないとしていた。
だが、WHOの報道官は24日、短文投稿サイト「ツイッター」でコンゴ国内の検査でエボラ熱と確認されたと述べた。

関連: 2014/8/22 【コンゴ民主共和国】 エボラとは別物 コンゴで出血性胃腸炎が流行 これまでに少なくとも70人が死亡

 コンゴでは1976年に北部の村でエボラ熱の集団発生が初めて確認され、村の近くにあったエボラ川にちなんで感染病が命名された。
同国ではその後も数回発生し、2012年の流行では29人が亡くなった。


ソース:日経電子版
記事元:【速報】エボラの聖地、コンゴでエボラ…西アフリカからの感染拡大ではなく、別の流行が並行して始まる


続きを読む

【コンゴ民主共和国】 エボラとは別物 コンゴで出血性胃腸炎が流行 これまでに少なくとも70人が死亡

1 :Twilight Sparkle ★@\(^o^)/:2014/08/22(金) 18:05:47.62 ID:???0.net
【コンゴで出血性胃腸炎流行、70人以上が死亡 】

 WHO=世界保健機関によりますと、アフリカ中部のコンゴで出血性胃腸炎が流行し、これまでに少なくとも70人が死亡しました。

 WHOは病原となるウイルスを特定していませんが、「エボラ出血熱ではない」としています。


del

 コンゴ北部で発生したこの病気はエボラ出血熱と同様、おう吐や下痢を伴う出血性胃腸炎です。
WHOの報告書によりますと、これまでに592人が感染し、医師ら医療従事者6人を含む70人以上が死亡しました。

 WHOは病原となるウイルスを特定してはいないものの、「エボラ出血熱ではない」としていて、致死率も12%と、60%のエボラ出血熱と比べると低いということです。

※2014/08/22時点で一般公開が確認出来た記事の一部を引用しました。


ソース:TBS News i
記事元:【コンゴ出血性胃腸炎】 コンゴで出血性胃腸炎流行、70人以上が死亡 [TBS]



続きを読む

【コンゴ】 世界遺産での油田開発、ゴリラに遠慮し計画中止

1 :そーきそばΦ ★:2014/06/11(水) 21:21:13.99 ID:???
【ゴリラに“遠慮”し油田開発停止へ コンゴ】

 希少なマウンテンゴリラが生息するコンゴ(旧ザイール)の世界遺産「ビルンガ国立公園」で油田開発が計画されている問題で、世界自然保護基金(WWF)は11日、英国の石油会社との間で、開発計画を停止することで合意に達したと発表した。

gn

 WWFは、油田が開発されればゴリラの生態に影響が出る恐れがあるとして、計画の中止を求める大々的なキャンペーンを行っていた。

 マウンテンゴリラはビルンガ国立公園付近の地域にのみ生息。同公園には約200頭生息するとされる。(共同)

2014/4/16 コンゴ国立公園所長が胸撃たれ重傷、待ち伏せ攻撃か (AFP BB NEWS)
> ウガンダおよびルワンダと国境を接するビルンガ国立公園は、絶滅の危機にひんしているマウンテンゴリラの生息地として世界的に知られており、生物多様性に非常に富んだ場所だ。しかしその一方で、公園の所在地であるキブ州は、20年以上続いた内戦により荒廃した場所でもある。

 アフリカのその他の地域と同様、密猟者や伐採業者による環境破壊が続いてきた同公園では、内戦の影響以外にも、地元住民による違法な居住や油田探査など、さまざまな問題に直面している。


ソース:産経ニュース
記事元:【コンゴ】貴重なマウンテンゴリラに配慮 油田開発停止へ


続きを読む

【コンゴ】 武装集団が空港やテレビ局、軍本部を襲撃  武装集団40人を治安部隊が殺害 【動画】

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/12/30(月) 23:22:34.29 ID:???0
【コンゴ民主共和国で武装集団40人殺害、空港や軍本部を襲撃】

 コンゴ民主共和国(旧ザイール)の首都キンシャサで30日、国際空港や軍施設を含む数か所が武装グループに襲撃され、グループの40人が治安部隊などに殺害された。

 政府の発表によると、武装グループのうち16人がキンシャサにあるヌジリ国際空港で、8人が国営コンゴラジオテレビ(RTNC)の局内で、さらに16人が軍参謀本部で殺害された。
民間人や治安部隊側の死者は報告されていない。

4173f95c
ジョゼフ・カビラ政権に対する抗議行動を監視する警官隊

 各地で激しい銃撃戦となったキンシャサ市内では、住民がパニックに陥った。目撃者によれば、RTNCや国会議事堂周辺には警官隊と軍が動員され、騒然となった。AFP特派員は、共和国防衛隊の出動も目撃している。
市内の交通は渋滞し、一部の地区では治安部隊が市民に対し、通行規制も行った。街には火薬の匂いが漂っているという。

 警察によると、RTNCでは記者数名が、山刀や銃で武装した若者のグループに人質にとられ、放送が一時中断した。
放送中断直前、画面に現れた若い司会者2人の後ろには、若い男1人が脅すように立っていた。司会者はおびえてみえたが、落ち着いていたという。

 コンゴ民主共和国は鉱物資源の種類が豊富な広大な国で、暗殺された父親のローラン・カビラ前大統領の後を継いで、ジョゼフ・カビラ現大統領が2001年1月に就任する以前から、東部の州は混乱状態にある。

 対して西部の首都キンシャサは、97年に前大統領が打倒した独裁者モブツ・セセ・セコを信奉する軍部隊が試みたとされる03年のクーデター未遂を除き、比較的平穏だった。
04年6月にも共和国防衛隊の反乱分子がクーデター未遂を起こしているが、このときも直ちに鎮圧されている。


ソース:AFP BB NEWS
記事元:【国際】コンゴ民主共和国で武装集団40人殺害、空港や軍本部を襲撃


続きを読む

【コンゴ】 6月におきた在コンゴ大使館火災事件、日本人書記官の放火と断定

1 :(ヽ´ん`) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★:2013/11/29(金) 14:51:47.61 ID:???0
【日本人書記官が放火 在コンゴ大使館火災、防犯カメラ映像を確認】

 アフリカ中部のコンゴ民主共和国で6月、日本大使館が半焼した火災で、警視庁捜査1課が当時、経理担当の3等書記官として現地に赴任していた20代の外務省職員の男による放火と断定したことが28日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査1課は8月に続き、今月11日にも捜査員らを現地に派遣し、大使館が入るビル周辺の防犯カメラの画像データから男が出火直前、大使館に入る様子などを確認。
既に放火容疑で男を逮捕する方針を固めており、詰めの捜査を進めている。

0130816at18_p
8月、現地へ向けて出発する警視庁の捜査チームら

 捜査関係者によると、大使館は首都キンシャサの4階建てオフィスビルの3、4階に入居。
火災は6月20日夜(日本時間21日未明)に発生し、3階の一部と4階の全室が燃えた。
大使や参事官の公室がある4階が火元とみられ、当時は無人でけが人はいなかった。

 外務省は、大使館内への出入りが制限されていることなどから、内部犯行の可能性が高いと判断。
ウィーン条約の外交特権で在外公館には現地当局の管轄権が及ばないため外務省から相談を受けた警視庁は8月、捜査員らを現地に派遣し、実況見分や関係者への事情聴取を行っていた。

 その結果、ビル1階の共通エントランス付近の防犯カメラに出火直前、男が灯油缶のようなものを運び込む姿が写っていたことが判明した。
現場にはガソリンがまかれた跡があったほか、マッチのようなものも散乱していたという。

 今月11~25日の派遣では、防犯カメラ画像や火災現場で見つかった資料などの確認が行われたとみられる。
男は借金を抱えていたという情報もあり、捜査1課が関連を調べている。

関連: 2013/8/13 【コンゴ】 『日本大使館が半焼』 警視庁が放火の疑いがあるとして現地で捜査に乗り出す方針 (当サイト)


ソース:iza
記事元:【国際】 在コンゴ日本大使館に日本人書記官が放火


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ