中東

【 北朝鮮 】 クウェートで働く北朝鮮労働者がストや抗議活動 意識が変わった北の労働者

1 :ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2016/06/12(日) 12:30:06.12 ID:CAP_USER.net
【北朝鮮の労働者がストライキに決起、当局は力で対抗】

 クウェートの建設現場で働く北朝鮮労働者が、ストライキや抗議活動を行っていたことが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

 RFAの取材に応じた情報筋によると、ストが起きたのは昨年12月のことだ。
北朝鮮の建設会社が労働者に「資金繰りが苦しい、給料は手形で支払い、北朝鮮帰国後に現金化する」と説明したところ、労働者が激しく反発してストを起こしたという。

 また、今年3月には、北朝鮮建設会社の幹部が、「朝鮮労働党第7回大会に向けて外貨稼ぎに励もう」との話をしたところ、労働者たちが「給料をまともに払え」と反発し、抗議活動を行った。

77

◆収容所送りか

 さらに、カタールの首都ドーハでは先月、北朝鮮当局の搾取に耐えかねた労働者2人が、カタールの警察署に逃げ込む事件も起きている。

 海外に派遣された北朝鮮労働者の劣悪な労働環境については、様々なソースから情報がもたらされている。
しかし従来は、自分や国に残した家族が国家により不利益を被るのを避けるため、泣き寝入りしたり、逃げ出して身を隠す例が多かった。


 今年1月には、ロシアに派遣されていた労働者が、「仕事が辛く、カネもなく、生活が苦しい」との遺書を残して焼身自殺。その現場の動画がニュースで報じられたこともあった。

 しかしさすがに、北朝鮮の人々も自意識が強まってきた。
北朝鮮の国民はすでに、国家の配給制度に頼らず、自分たちの商売の稼ぎで日々の糧を得ている。当局の監視の目を縫って、海外情報とのアクセスも広がっている。徐々に、自己主張せずにはいられなくなっているのではないか。


 ただ、北朝鮮当局のやり方は変わっていない。クウェートでのストの件も国内で起きていれば、かつてと同じように戦車で踏みつぶしていたのではないか。

(以下略)


ソース:Daily NK
記事元:【中東】クウェートやカタールで北朝鮮の労働者がストライキに決起、当局は力で対抗[6/11]
続きを読む

【 中東 】 外国人戦闘員減少、脱走率上昇、資金難 ISILボロボロ

1 :孤高の旅人 ★:2016/04/27(水) 11:07:05.97 ID:CAP_USER*.net
【ISの外国人戦闘員 大幅減少か】

(略)

 過激派組織ISに対する軍事作戦を進めているアメリカ軍主導の有志連合のガーステン副司令官は26日に
記者会見し、ISに加わる外国人の戦闘員に関する最新の分析結果を明らかにしました。

flag

 それによりますと、ISに参加するためイラクやシリアに入る外国人戦闘員の数は、現在1か月間におよそ200人とみられ、1500人から2000人程度だった1年前に比べて大幅に減っているということです。

 また、ガーステン副司令官は「ISの外国人戦闘員の脱走率が上がっており、士気が低下している」と述べ、ISから脱走するケースが増えているという見方も示しました。


 一方、ISが現金を保管している施設などを有志連合が空爆した結果、日本円にしておよそ330億円から880億円の現金が使えなくなるなどして、ISが外国人戦闘員に報酬を支払う能力も低下していると指摘しました。


ソース:NHK NEWS WEB
記事元:【国際】ISの外国人戦闘員 大幅減少か
続きを読む

【 ドバイ原油急落、サーキットブレーカー発動 】 【 OPEC「非加盟国も減産を!!」 原油の過剰在庫解消へ 】

1 :野良ハムスター ★:2016/01/26(火) 11:18:08.11 ID:CAP_USER*.net
【ドバイ原油急落 先物取引、売買を一時停止】

 東京商品取引所のドバイ原油先物取引は26日午前に一時前日から3550円安い1キロリットル2万2220円を記録した。下げ幅が大きいため、取引開始直後から売買を一時停止するサーキットブレーカーも発動された。

 アジアの指標となる中東産ドバイ原油も26日午前に1バレル25.70ドルと、前日から2.50ドル安い。

PM


ソース:日経電子版
記事元:【国際】ドバイ原油急落 先物取引、売買を一時停止[01/26]
続きを読む

【 中東 】 サウジに続きバーレーン、スーダンもイランと断交 UAEは大使召還

1 : タイガースープレックス(庭)@\(^o^)/:2016/01/04(月) 20:34:50.29 ID:JQkxWLJ70●.net
【バーレーンもイランと断交】

 【カイロ時事】 バーレーンのメディアによると、同国は4日、イランとの断交を表明した。
(2016/01/04-20:17)

85


(以下22:22更新分)
【バーレーン、スーダンも断交=対イラン、UAEは大使召還-サウジに同調、情勢緊迫】

 【カイロ時事】 バーレーンとスーダンは4日、イランとの外交関係を断絶すると相次いで発表した。アラブ首長国連邦(UAE)も同日、駐イラン大使を召還するなど外交関係格下げを表明した。
各国の国営通信などが伝えた。

 サウジアラビアが3日、イランとの断交を表明したことに同調した形で、中東情勢はサウジとイランの対立を軸に一段と緊迫化する様相を呈している。

 バーレーン政府は、同国に駐在するイランの外交官に「48時間以内の国外退去」を要求。断交の理由として、イランでサウジの大使館や領事館が暴徒に襲撃された事件のほか「イランによるテロリストや過激派の支援」を挙げた。

 バーレーンは、イランと同様にイスラム教シーア派が国民の多数を占めるが、ハリファ王家など指導者層はスンニ派で、サウジを後ろ盾としている。
2011年の民主化要求運動「アラブの春」ではシーア派が主体となって反政府デモを展開したところ、サウジ主導の湾岸協力会議(GCC)軍に鎮圧された経緯もある。

 一方、スーダンとUAEはいずれも国民にスンニ派が多く、サウジとの関係も深い。
サウジのジュベイル外相は3日の記者会見で「他国もテロ支援国家(イラン)との関係を続けるのか、真剣に考えるべきだ」と述べていた。


ソース:時事ドットコム
記事元:【速報】 バーレーン「イランと国交断絶する」 サウジに続き

続きを読む

【 中東 】 過去一ヶ月の有志連合の空爆でISIL幹部10人を殺害

1 :孤高の旅人 ★:2015/12/30(水) 09:09:30.62 ID:CAP_USER*.net
【有志連合が空爆で「イスラム国」の幹部10人殺害】

 過激派組織「イスラム国」への空爆を行っている有志連合の報道官は、先月のパリ同時多発テロの首謀者とつながっていた幹部ら10人を空爆で殺害したことを明らかにしました。

740

(略)

 空爆で殺害されたのは、イラクやシリアの外で攻撃を計画していた「イスラム国」の幹部ら10人です。
このうち、シャラフ・アル・ムアダン幹部は、先月にパリで起きた同時多発テロの首謀者、アブデルハミド・アバウド容疑者と直接的なつながりがあったということです。
欧米へのさらなる攻撃を企てていましたが、24日のシリアでの空爆で殺害されました。ア

 メリカ軍が主導する有志連合のウォーレン報道官は、これらの空爆が「『イスラム国』の指導力を失わせることにつながる」と成果を強調しています。


ソース:テレ朝news (動画有り)
記事元:【国際】有志連合が空爆で「イスラム国」の幹部10人殺害
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ