シリア

【 シリア 】 ISILが首都とするラッカで”ネット規制命令”

1 :えりにゃん ★:2015/07/21(火) 08:27:28.64 ID:???*.net
【「イスラム国」ネット規制 シリア「首都」、監視強化】

 【カイロ共同】 シリア人権監視団(英国)は20日までに、過激派組織「イスラム国」が「首都」とするシリア北部ラッカで、同組織による監視が可能なインターネットカフェ以外でのネット使用を禁じる命令を出したと伝えた。

si

 同組織に反対する活動家らがラッカの状況を外部に発信することを防ぐほか、外国人戦闘員が本国の家族と連絡して逃亡を図ったり、情報機関に通報したりするのを阻むのが目的とみられる。

 同組織はラッカで19日、ネット業者に対して4日以内に命令に従うよう求めたビラを配布した。


ソース:47NEWS
記事元:【国際】IS(イスラム国)、シリア「首都」でネット規制 監視を強化


続きを読む

【 中東 】 シリア軍が「イスラム国」空爆 63人死亡、その内36人は民間人 【 動画 】

1 : イス攻撃(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2014/11/26(水) 11:16:53.87 ID:nP4/UECi0.net
シリア軍「イスラム国」空爆 市民が犠牲

 シリア政府軍は、イスラム過激派組織「イスラム国」が一方的に首都と定めるシリア北部のラッカに大規模な空爆を加えましたが、「イスラム国」の戦闘員だけでなく一般市民も30人以上が死亡したと伝えられています。

7a

 トルコを拠点にシリアの内戦の状況を監視している人権団体によりますと、シリア政府軍は25日、イスラム過激派組織「イスラム国」が一方的に首都と定めるシリア北部の都市ラッカに対し、およそ10回にわたって大規模な空爆を加えました。

 空爆は「イスラム国」の戦闘員を狙ったものでしたが、ミサイルや爆弾の一部は市場やモスクに命中し、死亡が確認された83人のうち30人以上が一般市民だったということです。

 シリアでは、政府軍と反政府勢力との内戦に「イスラム国」が加わった三つどもえの形で激しい戦闘が続いていますが、ことし9月にはアメリカ軍などがシリアでの空爆に踏み切り、「イスラム国」の進撃を食い止める効果を見せています。

 アサド政権としては、アメリカ軍などの空爆に乗じる形でラッカを空爆したものとみられますが、多くの市民が犠牲となったことで、アサド政権に対する反発が強まり、「イスラム国」を利する結果になりかねないという指摘も出ています。


ソース:NHK NWES WEB (動画有り)
記事元:シリア軍「イスラム国」空爆 市民が犠牲


続きを読む

【シリア】 反体制組織が支配していた北部の町を『別の反体制組織』が制圧  全土で反体制武装勢力が入り乱れて衝突

1 :ハマグリのガソリン焼きφ ★:2014/01/14(火) 00:37:52.80 ID:???0
【シリア北部の町、アルカーイダ系が制圧 反体制派間で戦闘】

 国際テロ組織アルカーイダ系のシリア反体制過激派「イラク・シリアのイスラム国」は13日までに、反体制武装勢力同士の戦闘の末、北部中心都市アレッポ近郊バブの大部分を制圧した。フランス公共ラジオが報じた。

 シリア人権監視団(英国)によると、アレッポ周辺では3日ごろから反体制派間の戦闘が激化、これまでの約10日間で700人近くが死亡した。
バブは、1年以上前に反体制派がアサド政権側から実効支配権を奪い、政権軍が激しい空爆を繰り返していた。

 シリア内戦では、政権軍と反体制派との戦闘だけでなく、複数の反体制武装勢力が入り乱れて衝突、全土で連日多数の死傷者が出ている。 (共同)


ソース:産経ニュース
記事元:【国際】シリア北部の町、アルカーイダ系が制圧 反体制派同士で戦闘の末に


続きを読む

【シリア】 反政府勢力の内紛激化 これまでに市民100人を含む697人が死亡

1 : ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★:2014/01/13(月) 07:03:03.94 ID:???0
シリア 反政府勢力の内紛激化

 内戦が続くシリアで、ともにアサド政権に敵対していた、反政府勢力の主力部隊とイスラム過激派との間で、大規模な衝突が起き、今月に入って700人近くが死亡し、反政府勢力どうしの内紛が激しさを増しています。

syria-rubble

 シリア北部の主要都市アレッポなどでは、今月に入ってから、ともにアサド政権に敵対していた、反政府勢力の主力部隊と、国際テロ組織アルカイダにつながるイスラム過激派のグループとの間で、支配地域などを巡って大規模な衝突が起き、12日も激しい戦闘が続いています。

 シリア国内の情報を収集しているイギリスの人権団体によりますと、銃撃戦やイスラム過激派による自爆攻撃などで、これまでに市民100人を含む697人が死亡したということです。

 一方、アサド政権の政府軍は、反政府勢力どうしの内紛に乗じて、アレッポ近郊の反政府勢力の拠点に対して空爆を強化するなど攻勢を強め、国際空港につながる高速道路など戦略上の要衝の奪還を目指した動きを見せています。

 シリアの内戦を巡っては、今月22日にアサド政権と反政府勢力の双方が参加して、和平に向けて話し合う国際会議が開催されることになっています。
しかし、内紛が激しさを増すなか、反政府勢力側は会議に参加するかどうか意見をまとめることができていません。

関連:2014/1/5 【シリア】 反政府勢力の内部対立が激化 武力衝突で60人死亡


ソース:NHK NEWS WEB
記事元:【国際】シリア、反政府勢力の内紛激化




続きを読む

【シリア】 反政府勢力の内部対立が激化 武力衝突で60人死亡

1 :ゲンダイ系φ ★:2014/01/05(日) 17:19:26.20 ID:???
【シリア 反政府勢力で内部対立が激化】

 内戦が続くシリアでは、反政府勢力の内部対立を背景にした武力衝突が激しくなり、この3日間で60人以上が死亡し、内戦の構図の複雑化で、和平に向けた道のりは一段と険しくなっています。

syria-unrest

 シリアで政府軍と戦闘を続ける反政府勢力の内部では、これまでに国際テロ組織アルカイダにつながる武装勢力が台頭し、外国人を誘拐したり、ほかの反政府勢力と小競り合いを起こすなどして、内部での反感が強まっていました。

 こうしたなか、シリア北部の主要都市アレッポ郊外では、今月2日以降、反政府勢力の内部で砲撃などによる武力衝突が激しくなり、4日までの3日間で60人以上が死亡しました。

 これについて、活動家の1人はNHKの電話取材に対し、「アルカイダの勢力が反政府勢力の内部にいることが、アサド政権に攻撃の口実を与えてしまっているので、それを取り除くためにはやむをえない」と述べています。

 シリア情勢を巡っては、今月22日にアサド政権と反政府勢力が和平に向けて話し合う国際会議が開かれる予定ですが、反政府勢力の内部対立で内戦の構図が複雑化するなか、問題解決に向けた道のりは一段と険しくなっています。

関連:2013/3/25 【シリア:まとまらない反体制派 内部対立で議長が辞任】 【ケリー米長官がイラク電撃訪問 「イランのシリア支援に手を貸すな」】
   :2013/7/12 【シリア】 反体制派で内紛 共同作戦協議中に幹部殺害 アルカイダ「自由シリア軍幹部を皆殺しにする」
   :2013/10/4 【泥沼シリア】 反体制派、離脱相次ぐ 「在外シリア人が中心の国民連合に不信感」 欧米に痛手


ソース:NHK NEWS WEB (動画有り
記事元:【シリア】反政府勢力で内部対立が激化、2日以降武力衝突で60人以上死亡[1/4]


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ