マリ共和国

【保健】 西アフリカのエボラ出血熱、死者84人に  隣国マリへも感染拡大の疑い

1 :オムコシφ ★:2014/04/04(金) 22:58:55.08 ID:???0
【西アフリカのエボラ出血熱、死者84人に WHO】

 (CNN) 世界保健機関(WHO)は3日、西アフリカでエボラ出血熱の感染者が131人に増え、84人が死亡したと発表した。
ギニア南東部で発生した流行が急激に拡大していると指摘し、対策を強化している。

c

 西アフリカでのエボラ出血熱流行は初めて。
ギニアでは隣国シエラレオネやリベリアとの国境に近いゲケドクで多数の症例が確認されたほか、首都コナクリでも4人が死亡した。

 リベリアでは1人の死亡が確認され、さらに6人のエボラ出血熱感染が疑われている。
シエラレオネは少なくとも2人の死亡について関連を調べている。

 ギニア北東部と国境を接するマリの政府も3日、エボラ出血熱感染が疑われる3人の試料を分析するため、米疾病対策センター(CDC)に送る手配を進めていることを明らかにした。
この3人は隔離病棟に入院し、容体は改善に向かっているという。

 WHOはギニアなどで患者と接触のあった人全員を把握して検査を受けさせるよう徹底させ、住民の啓発にも力を入れている。
エボラ出血熱は高熱や頭痛などの症状を引き起こし、感染すると90%の確率で死亡する。


ソース:CNN
記事元:【海外】西アフリカのエボラ出血熱、死者84人に


続きを読む

【アルジェリア人質事件】チャド軍が首謀者を殺害と発表

1 :はこき(130401)φ ★:2013/03/03(日) 07:05:25.87 ID:???
1 :帰社倶楽部φ ★:2013/03/03(日) 05:52:51.96 ID:???0
アルジェリア人質事件 首謀者を殺害

 北アフリカのマリで、イスラム過激派の反政府武装勢力に対して軍事作戦を続けているチャド軍のスポークスマンは、アルジェリアで起きた人質事件の首謀者とみられるイスラム武装勢力のリーダー、モフタール・ベルモフタール幹部を殺害したと発表しました。

aruje


 チャド軍のスポークスマンは2日、国営テレビを通じて声明を出し「マリ北部での軍事作戦でテロリストの拠点を破壊し、何人ものテロリストを殺害した。この中に、ベルモフタールが含まれる」と述べ、イスラム武装勢力のリーダー、モフタール・ベルモフタール幹部を殺害したと発表しました。

 ベルモフタール幹部はことし1月、アルジェリア南東部のイナメナスにある天然ガス施設がイスラム武装勢力に襲撃されて多数の外国人が人質となり、日本人10人を含む少なくとも39人が犠牲になった事件で、犯行を認める声明を出していたことから首謀者とみられています。

 ベルモフタール幹部は隣国マリの北部で活動していたとみられますが、人質事件のあと足取りが途絶えていました。
マリではイスラム過激派の反政府武装勢力に対して、旧宗主国のフランス軍とともにチャド軍が軍事作戦を続けていて、この作戦の中でベルモフタール幹部を殺害したものとみられます。
ベルモフタール幹部の殺害について、フランス軍はこれまでのところコメントを出していません。


■ベルモフタール幹部とは

 モフタール・ベルモフタール幹部はアルジェリアのガルダイヤという町の出身で、ここ数年は隣国のマリ北部で活動していたとみられています。
19歳の時にアフガニスタンに渡り、国際テロ組織アルカイダの軍事キャンプで訓練を受けたとみられています。

 その後、アルジェリア国内で外国人を人質にとって身代金を要求したり、政府機関を襲撃したりするなど、たびたび事件を引き起こしてきました。
去年12月には、イスラム過激派組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」を離反したあと、新たな武装勢力「血判部隊」を結成しリーダーを務めていました。
ことし1月に起きたアルジェリアの人質事件で、ベルモフタール幹部はビデオ声明を通じて、フランスによる隣国マリへの軍事介入を停止させるために事件を引き起こしたと主張していました。

 アルジェリア政府は、この事件で「血判部隊」に属する実行グループ32人のうち、29人を殺害し3人を拘束しましたが、事件後、ベルモフタール幹部の足取りは途絶え、当局が行方を追っていました。


ソース:NHK NEWS WEB (動画有り
記事元:【国際】アルジェリア人質事件の首謀者 モフタール・ベルモフタール幹部 殺害を発表―チャド軍スポークスマン[3/3]
     :【北アフリカ】アルジェリア事件 首謀者殺害

続きを読む

【ソマリア・レイプ被害者が「国家侮辱罪」で禁錮1年に】【マリ・劣勢の過激派、地雷で応戦】

1 :七難八苦φ ★:2013/02/08(金) 16:10:27.27 ID:???
【レイプ被害者に有罪判決=「国家侮辱」認定-ソマリア】

 【モガディシオAFP=時事】 ソマリアの首都モガディシオの裁判所が、治安部隊にレイプされたと訴え、逆に国家侮辱罪に問われた女性被告に対し「国家機関を侮辱した罪」で禁錮1年の判決を言い渡し、人権団体から批判を浴びている。
この女性を取材した記者に対しても、インタビューと称し、夫の不在時に女性宅へ入り込んだ罪を問い、有罪判決を言い渡した。

 裁判所は、女性については育児中のため授乳期間が終わるまで執行を猶予した。一方、記者は直ちに収監されている。

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルなどは、判決は政治的動機に基づいていると非難。一方、国連は、ソマリアの司法について「長期にわたる拘束」が続く上、弁護士との接見がすぐ認められない結果、裁判で「不利な影響を受ける」点を指摘。容疑者の扱いに「いくつもの懸念を提起する」と警告している。 (2013/02/08-15:35)


ソース:時事ドットコム
記事元:【ソマリア】 治安部隊にレイプされたと訴えた女性 国家機関を侮辱したとして、禁固1年の有罪判決を受ける [02/08]


続きを読む

【マリ・仏の空爆で過激派が山岳地帯に追い込まれる】【シリア・空爆のシリア軍施設、化学兵器など開発】【パラグアイ・大統領選候補、ヘリ墜落事故で死亡】

1 :結構きれいなもろきみφ ★:2013/02/05(火) 00:02:51.91 ID:???
仏軍、マリ北部で空爆継続 過激派キャンプなど標的

 フランスのファビウス外相は4日、軍事介入中の西アフリカ・マリの北部キダル地方で、フランス軍が3日夜から4日未明にかけて空爆を行ったと述べた。フランスのラジオが伝えた。
フランス軍は2日夜から3日未明にかけてもキダル周辺などで空爆を実施。イスラム過激派の燃料貯蔵庫や訓練キャンプを標的にした。

45f0a_130121100148-03-mali-0121-horizontal-gallery

 昨年マリ北部を制圧した過激派はフランス軍の介入後、次々と拠点都市から撤退、アルジェリアとの国境に近い山岳地帯などに集結しているとされる。
国境付近で過激派の一派アンサル・ディーンの幹部が、対立勢力に拘束されたとの情報もある。


ソース:日経電子版
記事元:【アフリカ】フランス軍、マリ北部で空爆継続、過激派キャンプなど標的…イスラム過激派は次々と拠点都市から撤退、山岳地帯に集結か



続きを読む

【マリ】日本、マリ支援に1.2億ドル拠出へ

1 :春デブリφ ★:2013/01/29(火) 12:56:58.46 ID:???0
 岸田文雄外相は29日の記者会見で、イスラム過激派が活動を活発化させる北アフリカ地域の安定化支援の一環として、フランス軍が介入したマリに約1.2億ドルの拠出を検討していることを明らかにした。
マリの避難民への人道支援や、治安部門強化に協力するとしている。

PN2013012701001543_-_-_CI0003
マリ・バマコの空港の検問所を担当するフランス軍兵士=26日(ロイター=共同)

 アルジェリアでの人質事件を受け、外相は(1)国際テロ対策の強化(2)サハラ砂漠の南のサヘル・北アフリカ・中東地域の安定化支援(3)イスラム・アラブ諸国との対話の推進-に取り組むと説明。
「各国や地域機関、国際機関と連携し、テロとの戦いをさらに進める」と強調した。


ソース:時事ドットコム
記事元:【政治】マリ支援に1.2億ドル拠出へ 岸田外相が29日の記者会見で明らかに


続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ