1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:28:55.61 ID:CAP_USER.net
【ドゥテルテ政権が共産ゲリラと停戦合意 フィリピン、恒久和平実現へ一歩】

 フィリピン政府とフィリピン共産党(CPP)は26日、ノルウェーのオスロで開いた和平協議で、無期限の停戦に合意した。

 CPPの軍事組織で、ゲリラ戦を得意とする新人民軍(NPA)と、政府は約半世紀にわたって衝突を繰り返してきたが、恒久和平実現に向けて双方が一歩を踏み出した。

555

 フィリピンのドゥテルテ大統領は7月25日の施政方針演説で、NPAに対する即時停戦を一方的に宣言。だがNPAの末端にまで周知徹底されず政府系民兵が襲撃されるなどしたため、5日後の7月30日に停戦は破棄されていた。

 治安安定を最優先政策に掲げるドゥテルテ政権は、NPAなどの反政府勢力との和平を模索。CPPとフィリピン政府は8月22日から、5年ぶりとなる和平協議を再開し、NPAが1週間の停戦を宣言するなど、信頼醸成に向けた取り組みが続けられてきた。


ソース:産経ニュース
記事元:【フィリピン】ドゥテルテ政権が共産ゲリラと停戦合意 フィリピン、恒久和平実現へ一歩[8/26]
12 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/27(土) 02:25:09.86 ID:Gfb2eWDN.net
これまたなかなかナイスな施策ではなかろか
ドゥテルテさんいっが~い

3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:31:37.33 ID:b6o2dz0H.net
中共と手を結ぶのか?

 6 :
<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:34:45.84 ID:yxiS205W.net
 >>3
 普通に考えれば、中国の脅威が迫っていると感じたから、国内の火種を減らしたとなる。

 何でそう考えられないのか?


4 :
<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:32:46.30 ID:87qREf7O.net
来たるべき中国との戦争に備えての一時休戦?

9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:45:57.02 ID:1gb1P8Q7.net
そして対シナ戦兵力に

15 :
<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/27(土) 04:38:05.13 ID:qAmwl6ww.net
CPPのケツ持ちって中共じゃないの?
あまりにタイミングが良すぎる。


16 :
<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/27(土) 07:01:52.89 ID:6xFVZ4Va.net
>>1
共産ゲリラが麻薬密売してないと言い切れるのか?

10 :
<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:47:11.75 ID:uGEADIXT.net
各国の共産ゲリラに対する中共の影響力は限られてると思うけどな。
交渉材料になるぐらいはあったとしても、望まれた交渉前にカードを捨てる必要はない。


11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/27(土) 01:13:20.78 ID:69wqGjLF.net
中凶の政策がおわりを迎えている
中凶は???ロシアが助けてくれるお思ってた。。。
勝手におもうのはいい。中凶が勝手にすきすればいい
中凶はいらなない。すくなくとと日本は。。。

13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/27(土) 03:24:53.31 ID:n+rQu3cY.net
共産党・新人民軍やモロ解放戦線(ミンダナオの「穏健派」イスラム教徒武装組織)との
和平は悪くないと思うよ、その分を犯罪対策やアブサヤフ掃討にまわせるし

ドゥテルテは外国の報道機関や右翼・保守派、国連、更に人権団体からもやたら
批判されているが、アロヨの方が大勢人を殺したのにぁ

8 :
<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2016/08/26(金) 23:45:12.62 ID:MmXwpruL.net
フィリピンの性格上、これくらいの大統領の方がうまくいくのかも知れんな
独走はいかんが。

特に麻薬関連は劇的によくなってるんでないの?
内情は分からんが、政敵なんかを疑惑付けて潰してるのならヤバいが。
そのへんの報道もないしな、分からん。




【人気ブログランキング】よければ1クリックで応援を →
人気ブログランキングへ