1 :ニカワ ★:2016/08/08(月) 02:05:34.61 ID:CAP_USER9.net
【トルコ政変の裏には建国以来の対立があった クーデター未遂への報復で溝さらに深く】

 7月15日にトルコで起きたクーデター未遂事件は、同国の社会に衝撃を与えた。エルドアン大統領は報復という大義名分を盾に権威主義の道をひた走るのか。あるいは敵と和解し、亀裂を修復しようとするのか。結論は見えていない。

 トルコの歴史を振り返れば、権威主義政権を揺るがす政変が起こった際、次期政権はさらなる基盤強化に動きだし、権威主義を軟化させることはなかった。

 今回も未遂事件発生後、エルドアン大統領は兵士や裁判官、警察官、教師らを大量に検挙し、その追放を発表するなど、強権的な動きを見せている。

 しかしエルドアン大統領の特徴だけからトルコ情勢全体を推し量ることは難しいだろう。
大局的に見れば、エルドアン大統領と彼が事実上率いている公正発展党も、同国の政治構造の変化を反映しているだけなのだ。
そして同様の事態はほかの中東諸国でも発生している。


8314


◆押し付けられた“世俗主義”

 トルコ建国の父、ムスタファ・ケマルは建国当初、世俗主義を掲げた。しかし実際には、ケマルへの個人崇拝を中心とする強権体制が1950年代まで続き、国民はその実態を看過してしまった。

 ケマルが主導した“世俗主義”は、大衆の支持を反映したものでなく、軍部やインテリなどの少数派エリートが伝統的な生活を営んでいた民衆に押し付けたものだった。

 たとえばケマルは歴史的にも文化的にもつながりの薄いアルファベットをトルコ語体系に導入したり、伝統的な衣装を禁止して洋服の着用を強要したりした。また名字がアラビア系であれば、トルコ風に変えることも強制したのだ。


◆クーデター未遂が浮き彫りにした対立構造

 欧州でこれほどまでにトップダウンの文化改革を経験した国は少ない。欧州諸国の多くは、民衆への啓蒙活動を続けたことで草の根から醸成された民主主義国家である。

 しかしトルコやイラン、イラク、エジプトやチュニジア、シリアといった国々では、そのようにして民衆が政治の主導権を握ったことはない。

 公正発展党が2002年以来、選挙で勝利し続けたのは、そうした抑圧への反動だったのかもしれない。ケマル主義体制が徐々に影響力を減らし、他政党の活動も許容されたことで、抑圧されていた保守勢力が影響力を増していったのだ。

 同時にトルコ経済の近代化により、新タイプのブルジョアジーが現れるようになった。彼らは元来の宗教的価値観を信奉しており、ケマル主義者を軍部、官僚、法曹界などの利権に群がる抑圧者と見なしていた。

 公正発展党の支持層の多くはこうしたブルジョアジーであり、同党の選挙での勝利、政権奪取が実現したのは彼らのおかげといえる。


◆権威主義がさらに強まる恐れ

 トルコではクーデターが過去60年間ですでに3度起こったが、今回のクーデターはトルコが抱える世俗主義対民主主義という対立構造をあらためて浮き彫りにしたのである。

 とはいえエルドアン大統領の外交政策は失敗続きだった。彼は当初「近隣諸国との紛争をゼロにする」との公約を掲げたが、実際には関係を悪化させた。
そのうえシリア内戦が波及し国内でもテロが頻発するなど、政情は不安定化している。

 それでもクーデター未遂事件後、国民はエルドアン大統領を支持し、欧米も彼を支持している。
欧州諸国としては移民、難民の流入を防ぐため、米国としてはイスラム国との戦闘を有利に運ぶため、トルコの安定は不可欠な要素なのだ。

 今回の事件に関与したとされるイスラム教指導者ギュレン氏の仲間たちへの粛清など、エルドアン大統領の徹底した対応は、トルコ社会に横たわる溝を今後さらに深めるだろう。

 クーデター未遂がエルドアン政権による民主主義の抑圧を招き、今後も言論の自由などが制限されかねない。そうなると権威主義への反動がさらなる権威主義を招くという歴史が繰り返されてしまう。

文/シュロモ・アヴィネリ(ヘブライ大学(エルサレム)政治学教授)


ソース:東洋経済ONLINE
記事元:【国際】トルコ政変の裏には建国以来の対立があった…クーデター未遂への報復で溝さらに深く
19 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 03:11:41.47 ID:G2Depsuc0.net
溝も何も軍は報復を見ているだけなんだからエルドアンと軍との格付けは済んだだろ

4 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 02:17:51.28 ID:nE5tY5Ty0.net
「世俗主義はケマルが押し付けたもの」って・・・・

最後のスルタン=カリフ(イスラムの最高権威者)が国を売った事実、
ケマルが戦って国を救い国民に讃えられたことをまるっと無視ですか?
いまの国民は昔と違うのかもしらんが、
かつては国民の軍に対する支持も厚かったと聞いていたのだが。

世俗主義ったって、厳密に政教分離するだけで、
いままでも普通に国民はイスラム教徒だったし、イスラムを禁じたことも無い。


 10 :幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP :2016/08/08(月) 02:46:50.52 ID:c+IawMFf0.net
 >>4
 ムスタファ=ケマルは「追い剥ぎ」の異名を持つゴロツキだったんだぞ。
 こいつは150万人のアルメニア人を大虐殺して、
 財産を強奪して故郷から根絶やしにしてしまった。


  20 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 03:14:25.93 ID:HniJ4NE10.net
  >>10
  その150万人の死体はどこへ行ったんだ?

   29 :
幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP :2016/08/08(月) 04:11:52.23 ID:c+IawMFf0.net
   >>20
   トルコの村に埋まっていたり、シリアの砂漠で白骨化してるよ。

 23 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 03:38:18.99 ID:g2qCX0F40.net
 >>4
 少数民族を虐殺したり、
 ターバンなどを禁止したりしているけど

  24 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 03:41:40.43 ID:A3aPFUQH0.net
  >>23
  男が頭に巻くターバンはシーク教
  トルコの女性が巻くのはヒジャブ(ヘジャブ)

5 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 02:38:19.17 ID:K6ecngb+0.net
>>1
>>文/シュロモ・アヴィネリ(ヘブライ大学(エルサレム)政治学教授)


お、おう。

 13 :
幸ちゃん ◆5V9dS9MYZOAP :2016/08/08(月) 02:55:28.81 ID:c+IawMFf0.net
 >>5
 イスラエルは伝統的にクルド人支援しているのだが、この記事には何も書いてないな。
 トルコはハマスを支援している。

7 :
名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 02:41:14.16 ID:Yb60ow//0.net
>欧州諸国の多くは、民衆への啓蒙活動を続けたことで草の根から醸成された民主主義国家である。
>しかしトルコやイラン、イラク、エジプトやチュニジア、シリアといった国々では、そのようにして民衆が政治の主導権を握ったことはない。
>シュロモ・アヴィネリ(ヘブライ大学(エルサレム)政治学教授)

うん、こんなの訳して記事する東洋経済はまるでわかってない

11 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 02:48:41.36 ID:7SVCVynU0.net
政教分離を掲げるケマル主義はエリート層にしか理解されず、
土民の多くはイスラムの伝統を重んじ、
イスラムに基づく政治が行われた方がいいと思っている
そしてその声を民主主義で代弁してしまってるのがエルドアン

>>1
は「今さらこんなこと言ってるの?」っていう話ではあるけど
間違ったことは言ってないだろ


 12 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 02:53:11.80 ID:agjKLNlN0.net
 >>11
 エルトゥール号の美談は詳しく知ってるのに
 「今さらこんなこと言ってるの?」っていう話を知らない奴が大半だったんだなコレが。

  15 :
名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 03:06:25.23 ID:7SVCVynU0.net
  >>12
  媒体と発言者の国籍を見て
  「こんなの間違ってるに決まってる、賛同するわけにはいかん」
  と防衛しちゃってるんだろうね

35 :
名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 07:01:22.59 ID:RT5m06GQ0.net
世俗主義vsイスラムを
世俗主義vs民主主義
と言い換えるのは無理がある


26 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 03:50:45.22 ID:NtOvTIE/O.net
>>1
現在の世界人口は、70億人。
それが約30年後の2050年には、90億人を軽く突破する。
トルコみたいに、経済成長が人口増加に追いつけない国は、世界にたくさんある。

宗教はある意味、貧困対策の側面があるからな…
信じる者は、(カネが無くても)救われるから。

トルコみたいな政変は、急激な人口増加で格差問題に苦しむ国で
今後多発していくかもしれないね。

28 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 04:01:26.83 ID:by6btkmM0.net
トルコの民衆がエルドアン支持してるのは、
単に住宅建設して低所得者にばら撒いたからなのと、
それらの公共工事を党が請け負って、エルドランのファミリー企業が
建設する利権のおこぼれ貰えるブルジョア層が支持したからであって、
イスラムと世俗主義の対立ってのは、表面的なものだぞ。

飴が無くなったら、ほどなく民衆は手のひら返すよ


 32 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 04:37:18.24 ID:NtOvTIE/O.net
 >>28
 トルコでは、貧困問題が深刻なのでは?
 急激な人口増加で、格差が広がってるんだろ。
 世界人口は今後さらに増大するし、トルコみたいな国はたくさんあるだろう。

 宗教は、貧困対策という側面もあるからな。
 やっぱメンタルの安定は、人間なら誰でも求める話。
 結局トルコの政変は、格差問題が深刻だという背景があるから起こったんでは?

  33 :名無しさん@1周年:2016/08/08(月) 05:02:32.72 ID:1UgbqW340.net
  >>32
  格差は昔の方がすごかったな
  あと農業国だから基本的に食べ物が安い
  農家が多いから都会に出た子も、いざとなったら実家戻ればいいやーって思ってるのが多い


【人気ブログランキング】よければ1クリックで応援を →
人気ブログランキングへ