1 :歩いていこうφ ★:2014/03/30(日) 15:22:56.99 ID:???
【地下トンネルが農場に。ロンドンの巨大シティファーム計画】

 ロンドン市内クラパムにある地下トンネル網が、ロンドン市民の食卓に載るさまざまなサラダ用野菜の栽培に使用されようとしている。

10

 このトンネル網はもともと、第二次世界大戦時に防空壕として造られたもので、地下33mの深さにある。
ロンドン交通局が所有するこの空間は、大戦時には8,000人を収容できる防空壕として使用されていたが、それ以降は使われていなかった。

 トンネル網は、果てしなく続いているように見える全長430mの2本のトンネルから成る。取材時にこのトンネルを照らしていたのは、スティーヴン・ドリングとリチャード・バラードが手に持つ懐中電灯だけだった。
ふたりは、この珍しい農業用施設を運営するZero Carbon Food社の創設者だ。

 トンネルの端まで行くと灯りが見え、ヴィニールカーテンの向こう側に「農場」がある。といっても、広大な空間の中にある試験栽培用の小さな1区画で、ブロッコリーやパクチョイ(小白菜)、エンドウ豆の芽、ハナダイコン、カラシナの1種である「レッドライオン」が、LED照明を使って水耕法で育てられている。

 ドリング氏とバラード氏がZero Carbon Food社を設立したのは、使用されていない地下空間を利用して、大小の葉物野菜やハーブを、通常の畑で栽培するより70%少ない水を使って生産し、それをロンドン中心部(環状高速道路「M25」の内側)で販売するためだ。
周年栽培が可能で、消費者に農産物を届ける際のフードマイレージも非常に少ない。

 ロンドンの人口は今後10年で24%増加すると見られており、食料生産は重要だが、地上での栽培は経済的に難しい。土地が高価すぎるからだ。
都市農業、特にビルを利用した垂直農業についてはよく語られるが、実際に大規模に行われている例はほとんどない。
ドリング氏とバラード氏は、こうした状況で最も現実的な道が地下農業だと考えている。


ソース:WIRED
記事元: 【英国】地下トンネルが農場に。ロンドンの巨大シティファーム計画[14/03/30]





※London's underground farm ::




26 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 19:07:07.66 ID:oMG51PXf
未来っぽくて嫌いじゃない

2 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:24:12.44 ID:CFUHyQBq
画像はどこの家庭菜園ですか?

22 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 16:44:20.60 ID:vocSMYw4
24時間照らし続けたら育ちもいいだろうし、光量を調節したら
柔らかくて苦味の少ないものができるだろうし、365日収穫できそうだ


11 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:50:09.12 ID:RHWx4WWE
キノコの方がいいだろ。

24 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 17:05:55.45 ID:OrFZbbPu
栄養分は人工なんでしょ?
野菜を食べている気分だけは味わえる代物で本来の野菜とは全く別の食べ物だと見てる

9 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:46:50.30 ID:rMttqrW5
これ電気代だけで余裕で赤字だろ

13 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:50:25.10 ID:kkWurHKC
電気代で赤字なら
そもそも野菜工場が成立しない

 14 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:51:26.11 ID:PtoU5iRZ
 >>13
 有事に備えていると考えるならば
 電気代など無に等しい
 食糧確保は重要課題

16 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 16:01:10.53 ID:eAGMsdrO
輸送費と光熱費の兼ね合いかな?

17 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 16:09:31.42 ID:LQnAepgM
天候の影響を受けずに計画生産できるメリットは大きい

3 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:26:12.76 ID:EuBuMVyU
害虫は少ないし、温度・湿度は一定、盗難の危険もない、、、羨ましい。

7 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:38:11.59 ID:rJSGW1U7
黴だとかうどんこ病が流行ったらおしまいな感じ

4 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:27:25.19 ID:11OXvRCK
>>1
> このトンネル網はもともと、第二次世界大戦時に防空壕として造られた

そんなに古いのに、もってるんだ。
今回あらたに補強しなおしたのかも知れないが・・・

 5 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:31:35.58 ID:4sAdr3Mr
 >>4
 雨風に当たらないコンクリートは正しく扱うとそのぐらい余裕で持つ

12 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 15:50:13.41 ID:ILFFk6wA
巨大ってことは今後拡大していくってことか?

この大きさは小さいし日本でも日のいらないもの育ててるのはTV見た気がする

23 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 17:05:29.64 ID:8NwavPBE
イギリスに限らず勿体無いように思える

特に、松代大本営地下壕は、全工程の約85%完成していたのにも関わらず、
手も付けず放棄した曰く付き
現地を放棄した主な理由が、皆神山ピラミッドだ

19 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 16:19:18.55 ID:a/TTlM0P
日本もさっさとやれとあれ程言ってるのに全然だなぁ
余ってる土地のビル改修して農場にし企業化せえよと
自給率も上がるし安く清潔なものを提供出来りゃ
TPPでも闘えるかもしれんだろと


25 :七つの海の名無しさん:2014/03/30(日) 18:20:36.60 ID:8NwavPBE
LED照明を使って水耕法

有機肥料、例えば良く発酵した土壌を水に溶かして流すとか
米を粉末状にしたものを水に溶かして流すなどを用いれば
化学肥料を持ち要らずに半有機農法で育てられるでしょう

米ぬかは、アミノ酸の宝庫
ぼかし肥料などがありますので、斬新な手法を用いて下さい


【人気ブログランキング】よければ1クリックで応援を →
人気ブログランキングへ