1 :ベガスφ ★:2013/07/31(水) 19:35:44.39 ID:???0
インド貧困層で続く「汚れた血を抜く」治療

 【7月31日 AFP】 インド、オールドデリーの暑い日差しの中、3児の母リラバティ・デビさんは、微動だにせず立つ。その腕の血管を、施術者と助手が探る。やがて、施術者はカミソリを手に、デビさんの肌に慎重に切り目を入れて「汚れた血」を流れ出させる。

 デビさんは、持病の関節痛が、「医師」モハメド・ギャス氏(82)による伝統治療の「瀉血(しゃけつ)」で治ると信じている。

 血が流れ出る手に助手が冷水をかけ、灰色のハーブ粉末をまぶす中、デビさんはAFPの取材に「科学と近代医学では治らなかった」と語った。イスラム教徒のギャス氏による治療だけが「深刻な関節痛を止められる唯一の方法だった」という。

 瀉血は数千年前から19世紀末まで続いたが、近代医学によってうち捨て去れ、取って代わられた。
しかし、医療費が支払えなかったり、医師を信頼できなかったり、診療のために長期間待たなければならないようなインド国内の一部の貧困層や遠隔地の共同体では、瀉血のような手法が好まれている。

 インド最大のモスク、ジャーマ・マスジッドの裏手にある青空診療所には、毎日約50人の患者が列を作る。ギャス氏は、まひから糖尿病、果ては子宮頸がんまで治療可能だと述べている。

a0136223_13362988
患者に話しかける「医師」のモハメド・ギャス氏


■汚れた血が全ての疾患の根本

「治療の基本教義は、全ての疾患の根本が汚れた血にあるという考えだ。汚れた血を除去すれば、健康問題は解決される」と、ギャス氏は語る。ギャス氏は父親から治療方法を学び、この診療所で40年以上治療をしてきた。

「汚れた血の流れを追うことが最も必要な技術。切開は無作為ではない。全ての血管を調べる必要がある」とギャス氏は説明する。

 施術者は血管の閉塞やもつれ、塊やこぶを発見し、切開して除去し、血流を改善する。

 ギャス氏は患者から治療費をとらない。患者の多くが貧しいからだ。だが、患者は助手におよそ40ルピー(約60円)ほど支払うという。
「私のもとを訪れる人々はほとんどお金を持っていない。そのような人々から何を取り立てるというのか」

 ギャス氏は、店舗経営をしている息子から生活の支援を受けている。別の息子は後継者として修行中だ。

「私たちの治療は他の伝統医療と同じ。人々の健康が大切だから、営利目的の医師にはならない」と、息子のモハマド・イクバル氏は語った。

 インドには世界レベルの医療施設があるが、国民の多くは治療費を支払うことができない。
10年間の急速な経済成長により、政府の貧困層や遠隔地共同体への支出も増えたが、人口12億人のニーズをかなえるほどの公共医療制度はまだ存在しない。

 だが、瀉血治療を受ける人の全員が、安価な最後の手段として利用しているわけではない。治療の成功例などを聞き、治療効果に期待して受ける人もいる。

 4年前、交通事故で身体に障害を負ったジャヤント・クマルさん(42)は「前は立つことも、座ることも出来なかった」と語る。「今では支えてもらわずに歩くことだって出来る」 (c)AFP/Rupam NAIR

瀉血
 瀉血(しゃけつ)とは、人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つである。古く中世ヨーロッパで広く行われたが、医学的根拠はほとんどの場合は無く、迷信による治療であった。
現在の瀉血は限定的な症状の治療に用いられるのみである。

> 1162年、ローマ法王が瀉血を禁止すると、床屋が瀉血用の小刀が付属したツールナイフを開発して瀉血を引き継いだ。
現代の床屋の看板「サインポール」の元である「赤・青・白の縞模様」はもともと「赤・白の縞模様」であり、赤は血、白は止血帯を表し、ポール自体の形は瀉血の際に用いた血の流れを良くするために患者に握らせた棒を表しているという。


ソース:AFP BB NEWS
記事元:【医療?】汚れた血を抜く治療「瀉血(しゃけつ)」、まひから糖尿病、果ては子宮頸がんまで治療可能だという…インド貧困層で





3 :Ψ:2013/07/31(水) 19:39:00.54 ID:/lOhCWCC0
山奥で修行した医者だから間違いないだろう

5 :Ψ:2013/07/31(水) 19:39:41.71 ID:H7jnNluX0
どうせ消毒してない汚い針使いまわしてるんだろうな

 7 :Ψ:2013/07/31(水) 19:41:21.50 ID:Xr6Vt0vo0
 カミソリ煮沸消毒くらいはするでしょ
 薬品は無いだろうけど


4 :Ψ:2013/07/31(水) 19:39:27.87 ID:VL1W2GRx0
まずガンジス川の汚さをどうにかした方がいいんじゃね

19 :Ψ:2013/07/31(水) 20:08:40.54 ID:5Vv31FnX0
教育の質が悪いんだろうか
論理的に考える能力がゼロやもん
発展著しいとはいえ所詮はこんなレベルですわ


21 :Ψ:2013/07/31(水) 20:17:30.63 ID:Wep1B+So0
この論理は健康食品や健康器具のCMの論理、話術と同じ。
TVであれだけCMをやってるのは、
原価が安く効果が無いことと、買うバカが多いことの証明。

そんな奴って、この民間療法の話術にも簡単に引っ掛かる。
昔から続いていて今も存在してるのはその話術も磨かれてる、
その話術のコツを掴んだ者が施術者として伝えていく。

17 :Ψ:2013/07/31(水) 20:06:35.38 ID:8YMcBXzEi
人工透析でもやれよ

18 :Ψ:2013/07/31(水) 20:06:53.57 ID:HAsObShyO
人工透析続けても病気が治らないのと同じ

6 :Ψ:2013/07/31(水) 19:41:04.14 ID:KOc4uuvE0
そんなことやってたらシナーに勝てないぞ

14 :o(>.<)o:2013/07/31(水) 19:54:26.63 ID:UNfo1fFD0
インドは秘境としていつまでもそのままでいるべき。

11 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/07/31(水) 19:45:16.11 ID:8bwMJX050
イソド系古典医療はマッサージわするわ、カンチョーはするわ
瀉血はするわで、わりと平気に患者の体をいじるね。
Φ国になると貴人など、体に触れるのも失礼とされたのか、
薬による治療が発達したような印象がある


13 :Ψ:2013/07/31(水) 19:51:47.71 ID:5FG3Ou2N0
モーツアルトもリウマチで瀉血してたよ

瀉血
> 更に時代を下ると伝染病や敗血症・循環器系障害等にまで積極的に使用されたという。
この時代においては衛生の維持が不十分であったため、切開部が感染症を引き起こすことも多く、また体力が落ちている患者にまで瀉血療法を行った結果、いたずらに体力を損耗させ、死に至るケースも珍しくなかった。
そのケースに当てはまる可能性のある著名人には、エイダ・ラブレス、モーツァルト、ジョージ・ワシントンなどがいる。

 15 :Ψ:2013/07/31(水) 19:58:03.59 ID:i3RtCoRm0
 >>13
 「リウマチ」自体が「流れ」って意味で、悪い血が滞って起こる病気ってされてたしね

リウマチ学
 「リウマチ」とは古代ギリシャにおいて「ロイマ」(rheuma、流れの意)という言葉から発生したもので、このころの人々は脳から体液が下のほうに流れ、鬱滞すると腫脹や発赤をきたすと考えられていた。

27 :Ψ:2013/07/31(水) 20:45:44.93 ID:LUYpwddT0
熱があるときは親指の先に針を刺して血を少し出すと熱が引く

12 :Ψ:2013/07/31(水) 19:45:16.36 ID:QpubMQfu0
民間療法で、ヒルに血を吸わせるというのがあったような・・・

26 :Ψ:2013/07/31(水) 20:35:06.05 ID:i3RtCoRm0
別にまったく根拠ない話じゃないんだよ

例えば鉄が過剰になる「ヘモクロマトーシス」って病気は
瀉血やキレート材が治療法だけど、その症状は>>1にあるような
関節痛、糖尿病などがあるし

鉄は強力な活性酸素の発生物質で過剰になると癌の原因になるんで
日本でも肝癌の治療に瀉血で成績上げてる病院もあるし

あと過剰な鉄は老化・寿命が短くなる原因といわれてる
女性が男性より寿命が長いのは、生理で鉄が喪失するからとも言われてる


10 :Ψ:2013/07/31(水) 19:44:32.88 ID:+GuPoenF0
年に2回ぐらい献血なんかで血を抜くとガンになる確率が下がるって、
ほんまでっかTVでやってたぞ。


2 :Ψ:2013/07/31(水) 19:38:12.91 ID:i3RtCoRm0
今でも多血症や肝障害の人に瀉血やる場合あるよ

20 :Ψ:2013/07/31(水) 20:17:26.21 ID:i3RtCoRm0
子宮頸がんは知らんけど、肝癌は日本でも瀉血治療やってる人いるな


現代医療における瀉血療法
> 現代医療では、いくつかの症例において治療法の一つとして、この瀉血療法が行われる場合があり、これらは医学的にも根拠のある治療手段である。以下に例をあげる。

多血症・C型肝炎・ヘモクロマトーシス・接合手術後の処置・細菌、真菌感染症・笹針

24 :Ψ:2013/07/31(水) 20:25:18.79 ID:VQ4OfPdN0
どうせ治らないなら同程度の長さの人生でもちょっとでも治った気がして
気分良く過ごせた方が良いに決まってる。
これはこれで必要なもんだと思う。宗教と同じ。信じるものは救われる。


23 :Ψ:2013/07/31(水) 20:20:46.73 ID:coa32m5M0
末期患者になったらする。


【人気ブログランキング】よければ1クリックで応援を →
人気ブログランキングへ