【 ミャンマー 】 武装勢力が停戦に応じる意向 スー・チー氏の訪中受けて

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/18(木) 23:53:11.11 ID:CAP_USER.net
【ミャンマー武装勢力が停戦の意向 スー・チー氏の訪中受け】

 中国と国境を接するミャンマー北東部シャン州で国軍と戦闘を続けていた少数民族の3武装勢力が18日、共同声明を発表し停戦に応じる意向を明らかにした。

 3勢力は中国の影響下にあるとされ、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相の訪中に合わせ中国政府が停戦を働き掛けた可能性がある。


332

 3勢力は、スー・チー氏が各地の武装勢力に呼び掛け31日から首都ネピドーで開く和平会議にも出席する方針。昨年10月に当時のテイン・セイン政権が国内各地の8勢力と停戦協定に署名。
だが、停戦に応じない勢力も多くスー・チー氏は和平を新政権の最重要課題に掲げている。

 3勢力のうちコーカン地区の「ミャンマー民族民主同盟軍」は昨年2月以降、中国系コーカン族の支配強化を訴えて国軍と激しい戦闘を繰り広げ、200人を超える死者が出た。
民主同盟軍は昨年6月にも停戦を宣言したが、その後散発的に戦闘が続いていた。(共同)


ソース:産経ニュース
記事元:【ミャンマー】武装勢力が停戦の意向 スー・チー氏の訪中受け[8/18]
続きを読む

【 フィリピン 】 ドゥテルテ大統領が国連の批判に反論 殺害したのは「たった1000人」

1 :qQDmM1OH5Q46:2016/08/18(木)15:17:47 ID:???
【殺害したのは「たった1000人」 比大統領が国連の批判に反論】

 【8月18日 AFP】 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は17日、麻薬容疑者の殺害を奨励して物議を醸している過激な犯罪取り締まり作戦で既に1000人以上が死亡していることについて、国連(UN)が批判するのは「ばかげている」と激しく反発し、内政干渉をしないよう警告した。

777

 中央政界での経験がほとんどないドゥテルテ大統領は5月、何万人もの犯罪者を殺害すると公約して当選した。
フィリピン最大のテレビネットワークABS-CBNによると、大統領選後これまでに殺害された人数は1054人に上り、うち400人超が自警団を称する何者かに殺害されている。

 この政策について国連の潘基文事務総長は6月、司法手続きを経ていない殺人は「違法で基本的人権と自由を侵害している」と述べ、ドゥテルテ大統領の姿勢を非難。国連の麻薬取締当局も今月、「大きな懸念」を表明した。


ソース:AFP BB NEWS
記事元:【フィリピン】殺害したのは「たった1000人」 ドゥテルテ大統領が国連の批判に反論 [H28/8/18]
続きを読む

【 英・中 】 メイ首相、習近平と李克強に直筆の和解の手紙

1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/08/18(木) 08:15:45.93 ID:CAP_USER.net
【英首相、「中国なだめ」で習近平主席に直筆の手紙】

 英国のテリーザ・メイ首相が、中国の習近平国家主席と李克強首相に手紙を書き、和解の手を差し出した。
先月28日、中国のコンソーシアムが投資するヒンクリーポイントC原子力発電所の建設を見直すことを明らかにしたことに気分を害した中国をなだめるための措置とみられる。


5541

(略)

 しかし、劉大使が同紙への書簡で、「この5年間の中国の対英投資額は、ドイツ、フランス、イタリアの投資を合わせた額よりも多い」と主張するなど、中国は英国に圧倒的に多くの投資をしてきた。
国家負債の解消に力を入れている英国としては、中国の甘い投資誘惑を振り切ることは容易ではなかったとみられる。

 特に、英国は欧州連合離脱を控えており、個別的な国家との貿易に神経を使わざるを得ない。
ガーディアンは、「保守党政権でキャメロン政府が築いてきた中国との関係を維持するというメイ首相の強い意志が込められた」と分析した。

 関心は、メイ首相が来月に決定を先送りしたヒンクリーポイント原発建設プロジェクトを、どのように結着をつけるのかに注がれている。シャルマ次官は15日、中国の王毅外相と会ってこの問題を話し合った。

 メイ首相は、来月4、5日に中国・杭州で開かれる主要20ヵ国(G20)首脳会議に参加し、習主席と首脳会談を行う。

 原発建設プロジェクトに終盤に割り込んだ中国国営の軍需業者に英国は冷たい視線を送っており、メイ首相の選択は英国内部でも大きな注目を浴びている。


ソース:東亜日報
記事元:【英中】英首相、「中国なだめ」で習近平主席に直筆の手紙[8/18]
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 週間・月間
 記事ランキング

 タググラウンド
最新コメント
  • ライブドアブログ